レシピを知る者は世界で3人だけ!

門外不出ダレが美味いしゃぶしゃぶ

2013.11.05 TUE


突然だけど、最後にお店でしゃぶしゃぶを食べたのはいつか、思い出してほしい。「かなり前」という人も多いのでは? 正直、僕らにはちょっとぜいたくな印象のある食べ物かもしれない。しかしそのおいしさは、多くの人が認めるところだ。そんなしゃぶしゃぶを、普段でも気軽に、かつ新しいスタイルで食べられる店があるとか。これは、突撃しない手はない!

というわけで到着したのが、新宿にある「しゃぶしゃぶダイニングMK」。一見してその店構えは、従来のしゃぶしゃぶ店とは一線を画すオシャレなダイニング。インテリアもカフェと見まごうモダンっぷりだ。

「しゃぶしゃぶって、値段が高いイメージがあるじゃないですか。お店の見た目も関係していると思うので、明るく入りやすくしました。またリラックスした空間でお食事を楽しんでいただくため、席同士の間隔を広めにとっていたり、タッチパネルで注文を受け付けたりしています」

と語るのは、同店を運営するプレナス・エムケイの野見山将明さん。確かにカップルや家族連れの姿もチラホラ。従来のしゃぶしゃぶ店のイメージとは違う。ともあれ肝心なのは、やはりお味だ。

「定番のポン酢とゴマだれのほか、天草の塩と梅肉をパウダー状にしたものをあわせた梅塩に加え、オリジナルの“MKソース”もご用意しております。これは、チリソースやオイスターソースをベースに30種類の香辛料をブレンドしたソースで、そのレシピは世界で3人しか知らないんですよ」

論より証拠というわけで、まずは実食! ちょっと新しいのが、溶き卵に肉をくぐらせてからしゃぶしゃぶするという食べ方。こうすることで、肉がやわらかく仕上がるとか。まずはMKソースで試したところ、まさに絶品。オイスターの濃厚なうまみと爽やかな酸味のほか、舌に心地良いスパイスが新しい。ちょっとオリエンタルなニュースタイルしゃぶしゃぶという印象。

「ポン酢やゴマだれも工夫していますよ。これらをブレンドしてもおいしいんです。お肉や野菜のほか、肉団子やエビワンタンも人気ですね。様々な具材や食べ方があるので、シメの雑炊や麺は毎回違った味になるようです。皆さん思い思いの召し上がり方を楽しんでいらっしゃいますね」

気になるお値段は、しゃぶしゃぶ食べ放題が1480円から。プラス370円で、エビギョウザやフカヒレギョウザなど14種類の飲茶の食べ放題も付けられるというからおトクである。

ときは歓送迎会シーズン。高嶺の花のしゃぶしゃぶを、この機会に利用するのもいいかも。つけだれや具を工夫して、世界に一つの“マイしゃぶしゃぶ”を見つけてみてはいかがだろうか。

※この記事は2011年03月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト