ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ホリエモンのグルメアプリが話題

2013.11.07 THU

噂のネット事件簿


食通たちが厳選した店を紹介。写真など、“見せ方”の評価も高い ※この画像はサイトのスクリーンショットです
堀江貴文氏がプロデュースしたグルメアプリ「TERIYAKI」が公開され、ネット上で話題を呼んでいる。

このアプリはいわゆる「口コミ」を集めたものではなく、厳選されたキュレーター「テリヤキスト」たちが美味しい店を紹介するアプリ。サービスやコストパフォーマンス、批評などといった料理以外の指標は一切排除し、美味しいと思う店だけを掲載する。

公式Facebookでは、“偏愛系”フードライターの小石原はるかさん、料理情報番組プロデューサーで麻婆豆腐研究家でもある本郷義浩さん、「日々の食事を如何に充実させるか四六時中考えて過ごしています」というピクシブ・副社長の永田寛哲さん、TBSアナウンサーの木村郁美さん、料理研究家の園山真希絵さんら、豪華な「テリヤキスト」たちの顔ぶれが紹介されている。

ありそうでなかったこの着想は、ネットユーザーの支持を集め、公式Facebookの「いいね!」の数は1万1700(11月6日9時30分時点)を超えるなど注目されている。だが、紹介されている料理の数はまだ少なく、アプリのレビューには、

「まともに起動しない 起動できたり起動しなかったり」

というシステム上への不満の声もあり、まだまだ改善の余地がありそうだ。しかし、

「潔いほどのシンプルさが良い。今はまだお店の数も少ないけど、これからに期待して星5つ。キュレーターさん、沖縄も頑張って!!世界展開も楽しみです。
“決して私たちは裏切りません“にも期待w」(原文ママ)

など、実名のキュレーターが店舗を紹介する仕組みに期待する声も。ツイッター上にも、

「これだけで東京に住んでみたくなる。画像はスタイリッシュ、情報は必要最低限のみ。あとはあなたが食べて感じて下さい!という勢いがビシバシ!」

と高評価の声がある。また早速様々な要望が寄せられているようで、公式ツイッターは

「地方のお店もこれから増やしていきます。旅行のおともにTERIYAKIがなるよう。頑張ります!!!」
「安うまもこれからどんどん追加されますので、ご期待下さい」

と熱のこもったツイートを発信している。

なお、アプリはiOSとAndroidそれぞれが用意されている。アプリのダウンロードは無料だが、検索やお気に入り登録といった機能の利用には月額400円が必要。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト