ネット界の“旬”なニュースをお届け!

進撃の巨人舞台が『ふしぎ発見』に

2013.11.08 FRI

噂のネット事件簿


ネットで盛り上がる進撃ファンだが、番組のツイッター公式アカウントは、「決してネルトリンゲンは『進撃の巨人』の舞台のモデルではありません!」と断っているので要注意 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
草野仁が司会を務める歴史バラエティ番組『世界ふしぎ発見!』(TBS系)が、11月9日放送分で、南ドイツのネルトリンゲンという町を特集。この町はアニメ化した人気漫画の舞台といわれているため、ファンたちが大いに盛り上がりをみせている。

ネルトリンゲンは、ドイツ南部・ミュンヘン州に属する人口およそ2万人の歴史ある町。丸い城壁に囲まれ、建物がすべて赤い三角形と景観豊か。1500万年前の隕石の落下によってできたクレーターの上に作られたという町だ。諫山創原作の人気漫画で、アニメにもなった『進撃の巨人』(以下『進撃』)の舞台のモデルだといわれている。

番組のツイッター公式アカウントは、11月2日頃から、

「ん?丸い城壁の街…??」
「ナレーションは藤原啓治さん初出演です!さらにさらに吹替えに朴璐美さん、井上麻里奈さんも初出演!そのほか麻生智久さん、土田大さんと三宅健太さんもおなじみ登場です。あれ?この人たちの共通点って…?」(編集注:いずれも『進撃』の声優陣)

と、『進撃』を匂わせるツイートを立て続けに発信。これらのツイートを3000人以上がリツイートするなど、『進撃』ファンが鋭く反応した。また、NAVERまとめには、「【進撃の巨人】“世界ふしぎ発見”で放送予定!『進撃の巨人』の街? ドイツ『ネルトリンゲン』【声優】」というまとめが登場して、閲覧数は17万件(11月7日13時現在)、ツイッターの引用数は1万3000件に達しており、ツイッター上には、

「待ってましたああぁぁぁぁ!」
「土曜日はテレビの前でスタンバイ」
「やばい!見ないと!!」
「これかぁ!!!ちょwwwめっちゃ楽しみだwwふしぎ発見本気すぎるwwwww」

と、番組を期待する声が次々と登場している。

番組ツイッターは、こうした反応を受け、

「進撃ファンの皆様、さすがですね!まとめサイトまで出来てしまって…!ありがとうございます」

とつぶやいており、ツイッターにおける番宣は見事にうまくいった模様。9日の番組放送時には、『ふしぎ発見』の話題が、ネット上を席巻することになりそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト