ネット界の“旬”なニュースをお届け!

学校で排便我慢が過半数 理由は?

2013.11.22 FRI

噂のネット事件簿


調査では、子供たちの和式トイレと洋式トイレの使用率など、様々な角度から調査した学校におけるトイレ事情が発表されている 画像提供/susi-paku
大手住宅設備メーカーのリクシルが11月19日に発表した「学校のトイレに関する調査」の結果が話題になっている。

この調査は、現代の小学生から高校生までの子供たちの、学校におけるトイレ事情を調べたもの。調査は2013年7月に行われ、サンプル数は1248名(各学年の男女52サンプル)となっている。調査の中で最も注目を浴びているのは、「学校で“ウンチ”をしますか」という質問の結果だ。

学校でウンチをするという行為は、羞恥心などを理由に避けてきた記憶を持つ方も多いだろう。昨今もその傾向は変わらないようで、今回の調査でも「どうしてもガマンできない時だけする」と答えた子供が44%、「絶対にしない」が9%と、過半数の子供たちが学校でのウンチを我慢しているという事実が明らかになった。

その理由として多く挙がっているのは、やはり「他人に知られたくないから」や「落ち着かないから」といったものであり、リクシルは、「プライバシーを守り、ゆっくりと落ち着ける環境が必要」と考察を加えている。

この結果を受け、2ちゃんねる・ニュース速報板のスレッド「【悲報】 学校でう○こをしない学生が半数以上 ただの生理現象なのになぜ出来ないのか」には、様々なユーザーの声が書き込まれている。自身の経験をもとにか、「普通に覗かれるからなw」「ウンコマンというあだ名をつけられるからな」という理由があがったほか、

「教室の前にあるようなトイレでは絶対しないよな
人通りの少ない穴場トイレでするもんだ」
「通は人通りの無いトイレを使う
体育館のトイレとか部室近くのトイレとか」
「普通の教室じゃない特別学習棟(技術室とか音楽室のある棟)まで行ってやってたよな」
「俺は職員トイレを使ってたな」
(コメントすべて原文ママ)

など、人目を避けて排便をしていた学生時代の思い出や体験談を語るコメントが多く見られた。そのほか、スレッドでは、「ホームルームで排便は善という、教えをもっと徹底指導しろ」というこの問題への“対策案”も書き込まれている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト