ネット界の“旬”なニュースをお届け!

JK流行語「あーね・それな」の真意

2013.11.29 FRI

噂のネット事件簿


8位にランクインしている「おつ」は、「お疲れ様」を略した言葉だ
サイバーエージェントが運営する、女子中高生を中心とした10代向けブログ&コミュニティ「Candy」が、11月26日、2013年に女子中高生のあいだで流行した言葉のランキングを発表した。

このランキングは、「Ameba」ユーザーの現役女子中高生486名を対象に実施した2013年の流行に関する調査のなかの、「今年、自分の周りで流行っていた『言葉』を教えてください」という質問への回答結果をもとに作成されているもの。ランキングの内容は、以下のようになっている。(プレスリリースより引用)

1位:「倍返しだ」(115票)
2位:「今でしょ」(76票)
3位:「あーね」(56票)、「激おこぷんぷん丸」(56票)
5位:「それな」(47票)
6位:「じぇじぇじぇ」(46票)
7位:「梨汁ブシャー」(32票)
8位:「おつ」(26票)

「倍返しだ」「今でしょ」「じぇじぇじぇ」「激おこぷんぷん丸」の4つは、全世代共通の流行語を決める「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補にもなっている(流行語大賞では「倍返し」でエントリー)。人気ゆるキャラ・ふなっしーのフレーズ「梨汁ブシャー」も、30代までの若い世代では広く浸透していた言葉といえるだろう。

ただ、トップ5に入った「あーね」と「それな」という2つの言葉は、大人世代にとってはなかなか耳慣れないフレーズだ。

この2語の意味を解説すると、まず「あーね」は、サイト「若者言葉辞典~あなたはわかりますか?~」によれば、納得した様子を表す言葉なのだそうだ。「あー、なるほどね」「あー、そうだね」といったフレーズを略した言葉とも説明されている。そして、「それな」。同サイトによれば、こちらは「そうだよね」のような同意を意味する言葉とのことだ。

「あーね」も「それな」も、SNSやメールにおいて女子中高生のあいだで頻繁に使われているようで、「Candy」の“女子高生編集長”である椎木里佳さんは、「『あーね』と『それな』は、リアルでもSNSでも便利な言葉。例えば、普段の会話やメッセージの中で『うん』と返すだけだとそっけなく見えてしまいますが、『それな』と返すと、相手の受け取り方が違ってくるように感じます」とコメントしている。

しかし、やはりこの2語は、他の世代には全くといっていいほどなじみがなかった模様。ランキング発表を受けて2ちゃんねる・ニュース速報+板に立てられたスレッド「【社会】『激おこぷんぷん丸』は3位…女子中高生の今年の流行語は?」には、

「それな、ってなんだ?」
「あーね、って昔から志村が使ってないか?」
「それな、って普通にどっかの方言っぽいww」

などといった戸惑いの声が書き込まれていた。他の世代に浸透するには、まだまだ時間がかかるかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト