ネット界の“旬”なニュースをお届け!

読める? 2013年流行り名「大翔」

2013.12.03 TUE

噂のネット事件簿


明治安田生命保険では、男の子は“スケールの大きさ”を感じさせる名前、女の子は “人との結びつきと健康”を願った名前が増えていると分析 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
11月末、メディアや保険会社などから続々と「2013年 赤ちゃんの人気の名前ランキング」が発表された。

11月25日、出産・育児支援コミュニティサイト「はっぴーママ.com」は、「2013年生まれの赤ちゃんの名前に関する調査」の結果を発表(調査期間は2013年9月2日~11月20日、調査件数は1万2527件)。

それによると、男の子の名前でもっとも多かったのは、「悠真(ゆうま・はるま)」。以下「湊(みなと・そう)」「蓮(れん)」「大翔(ひろと・やまと・はると)」「陽翔(はると・ひなと)」と続く。女の子の1位は「葵(あおい)」。以下「結愛(ゆあ・ゆな・ゆうあ」「結菜(ゆいな・ゆうな・ゆな)」「結衣(ゆい)」「陽菜(ひな・はるな)」という結果になっている。

さらに、人気の“読み”は、男の子の1位が「はると」、女の子の1位が「ゆい」。「はると」の漢字は42種類、「ゆい」の漢字は22種類。同じ読み方でも漢字が異なるなど、“オリジナリティ”を追求する傾向にあることが明らかになった。

また、11月29日には、明治安田生命保険が「2013年生まれの子供の名前 」ランキングを発表(調査時期は2013 年 11 月、調査件数は1万364人)。こちらでも、男の子の人気の名前1位は「悠真」。女の子の1位は「結菜」だったとのこと。

さらに同日に発表されたベネッセコーポレーションの調査「たまひよ名前ランキング」(調査期間は2013 年 1~10 月、調査件数は3万372 人)では、男の子は「大翔」、女の子は「結菜」が1位。2位はそれぞれ「蓮」「陽菜」、3位は「悠真」「葵」だった。

いずれの調査でも男の子は「悠真」「蓮」「大翔」、女の子は「結菜」「陽菜」「葵」が人気だったことがわかる。

2ちゃんねるでは、ニュース速報+板に「【調査】 2013年生まれの赤ちゃん、名前1位は『大翔』と『結菜』」というスレッドが立てられ、話題に。そこでは、「大翔」を“ひろと”とは読めないという声が多く、「結菜」については、

「字面からは干瓢(かんぴょう)で結んだロールキャベツしか思い浮かばないんだけれど」
「俺もロールキャベツかと思ったわ」
(すべて原文ママ)

と、まさかの連想をする声もあった。

時代とともに移り変わる名前のトレンド。同スレッドには、「あと10年もすれば、この手の名前を読めないヤツのほうが頭の固いジジババとバカにされるようになるかもしれん」という見方もあがっている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト