ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ピクシブ無料ショップ先行登録活況

2013.12.09 MON

噂のネット事件簿


ドメインの先行予約が始まっているが、pixivに登録する必要がある ※この画像はサイトのスクリーンショットです。
個人で簡単にネットショップが作れる時代がきているようだ。イラスト投稿専門のSNS「pixiv」がネットショップ作成サービス「BOOTH(ブース)」を12月19日に開始すると発表した。

ユーザー登録をするだけで、すぐにネットショップが開設でき、初期費用と月額利用料が無料とかなり手軽。同人誌やグッズのほか、イラスト・動画・電子書籍などデジタルコンテンツの販売も可能だ。サンプルや体験版を配布したい場合は、価格を「0円」に設定することもできる。

無料で利用できるサービスということもあり、ネットユーザーの熱い視線を集めている。現在、ショップ名ともいえるドメインの先行登録を受け付けている。Twitter上の声をみてみると、

「めっちゃいいやん!!!(;゜゜)」
「ちょっと気になります」

と評判は上々。

先行登録は12月5日3時51分の時点で“5000店舗”を突破し、「早速登録してみました」という声があがっているように、早くもお気に入りのドメインの予約が完了した人も多い。

無料のネットショップ開設サービスは「Stores.jp」「BASE」「ZEROSTORE」などこれまでにもあったが、「BOOTH」はpixivと連携しているところが大きな特徴。pixivで商品のプロモーションができたり、「BOOTH」での商品新着情報が「pixiv」のフォロワーに届くなどのメリットがある。

ピクシブ代表取締役の片桐孝憲氏も自身のツイッターで、「BOOTHで一番力を入れてるのは、決済手数料の安さとか配送の代行等みたいなことより、創作活動の支援です。 これは時間がかかるので少しづつ形にしていきます!モノ創りのワクワク感を世界中に広げます!」と意気込みを語っている。また、BASE代表の鶴岡裕太氏の「おお!戦国時代ですね!ウチも頑張ります!」というツイートをリツイートし、片桐氏は「競争じゃなく、共創で!ともにつくろう。ホトトギス」と返すなど気合いが入っているようだ。

また、ユーザーには、「あれ・・一生懸命通販サイト他ので代用頑張ったのに・・こんな連携サービスがあったなんて知らなかったよぉ・・」とツイートする人もいて、ほかサイトから移動する人も出るかもしれない。まだサービス開始前のため、“とりあえず登録”した人も多いようだが、注目のサービスと言えそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト