ネット界の“旬”なニュースをお届け!

無形文化遺産「和食」 カレーは?

2013.12.10 TUE

噂のネット事件簿


ユネスコのサイトで紹介されている「和食」。おせち料理を囲む日本の家族の写真が掲載されている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
12月4日、アゼルバイジャンのバクーで行われていたユネスコの政府間委員会で、日本政府が提案していた「和食」の無形文化遺産登録が決定した。国内では能楽、歌舞伎、など22件が無形文化遺産に登録されているが、食文化は初めてとなる。

今回は、単なる「和食」としてではなく、「Washoku,traditional dietary cultures of the Japanese(和食 日本人の伝統的な食文化)」という括りで登録。提案書では「和食」を「食材の生産、や調理過程、支度や食べ方に関する、作法や知識、伝統を基本とした社会的慣習」と定義し、「自然資源の持続的な利用と密接に関連する、自然に対する敬意の精神」と結びついていると、説明している。

この定義だけをみていると、日本の食生活に関する、生産から食べ方まであらゆる要素が「和食」に含まれることになり、具体的に示されているわけではない。そこで、ネット上では果たしてどこからどこまでが「和食」になるのか、という点について議論が巻き起こっている。

2ちゃんねるの「【社会】『和食』がユネスコの無形文化遺産に登録決定」というスレッドにはこんな意見が集まっている。

「『和食』って食器とか、食べ物以外も含むのかな…」
「定義が曖昧すぎてよくわからんぞ
俺の作った焼き鳥丼も文化財になるってことか?」
「調理理念とか、いただきます、ご馳走様でした、の精神とか、
盛りつけの美とか、まぁ諸々のトータル評価だろうね」

料理から食への姿勢まで幅広く含むことを理解しつつも、とにかく定義が曖昧だということで混乱しているネットユーザーが多い。そして、多かったのは、通常は「洋食」と呼ばれているが、日本人にとっては定番となっている料理の扱いだ。前出スレッドでも、

「和食ってなんだよ。カレー、牛丼、ハンバーグ、カツ丼とかか?」
「この和食って糞高い高級料亭にでてくるようなやつのことなのか
唐揚げ定食とかハンバーグ定食とかは和食じゃないのか
線引きがよく分からない」

などと、「和食」と聞いて、身近なメニューを思い浮かべるネットユーザーが続出していた。

ただ、農林水産省の定義によると、「『自然を尊ぶ』という日本人の気質に基づいた『食』に関する『習わし』」が「和食」であり、正月料理に象徴されるもののため、日本で独自の発展を遂げた「洋食」は、「和食」に入るとは考えづらい。今回ユネスコの無形文化遺産に選ばれたことで、「和食」という言葉の一般的なイメージも、より統一されていくのかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト