ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ベストキラキラネームは「泡姫」

2013.12.18 WED

噂のネット事件簿


「泡姫=ありえる」とは凝った名前だが、一般的に「泡姫」といえば、男子が想像するのは… ※この画像はサイトのスクリーンショットです
無料の赤ちゃん名づけアプリを提供するサイトが、ユーザーがユニークな読み方だと思う名前を投票し決定した「ベスト・オブ・キラキラネーム」の2013年版を発表。1位には「泡姫(ありえる)」が選ばれた。

このランキングは、名前情報サイト「赤ちゃん名づけ」が発表したもの。同サイトでアクセス数が多かったキラキラネームをランキング化した「キラキラネームベスト30」の中から、さらに「どれがもっともキラキラネームだと思うか?」という投票を募り、その結果が発表されている。

読みにくい名前をキラキラネームと呼ぶのだから当たり前なのだが、ランキングに入った名前の読み方は、まさにクイズだ。1位の「泡姫」以下、2~5位は「黄熊」「姫星」「宝物」「希星」で、それぞれ「ぷう」「きてぃ」「おうじ」「きらら」が正解。このほかランキングには、「今鹿(なうしか)」「皇帝(しいざあ)」「男(あだむ)」「本気(まじ)」「七音(どれみ)」「愛保(らぶほ)」「火星(まあず)」などもランクインしている。

親が愛情を持って付けた名前に、他人がとやかく言う権利はないが、こうした命名について、ネット住民は批判的だ。2ちゃんねる「ニュース速報」板の「2013年度ベスト・オブ・キラキラネーム”発表!1位『泡姫』2位『黄熊』3位」というスレッドを見ると、ランキング全般については、

「これペットの名前だろ?」
「受け付けんじゃねえよ役所…」
「反対する家族はいなかったのかね?」

といった声があがっており、それぞれの名前についても、

「ありえるって読むのか
ソープかとおもた」
「黄熊 (ぷう)
1. おならの音
2. Poo=英語でウンコのこと
3. プー太郎の略で無職を意味する」
「11位   男 (あだむ)

誕生日プレゼントは葉っぱに決定じゃねえか」
「14位  七音  (どれみ)

ドレミなら三音だろ」

と、気になるポイントをピックアップ。また、もはや感覚が摩耗したのか、一部からは、

「なんでや!心愛は普通やろ!」

といった声もあがったが、1位の「泡姫」については、

「『泡姫』→『ありえる』、
泡姫は、ありえないだろ・・・」

という、うますぎるツッコミも登場しており、ネット住民の支持はまったく得られなかったようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト