ネット界の“旬”なニュースをお届け!

なぜ今?「ミルメーク分布図」拡散

2013.12.18 WED

噂のネット事件簿


「ミルメーク」を懐かしむ人たちが一斉に反応した ※この画像はサイトのスクリーンショットです
12月16日18時前、「ミルメークの分布図」と銘打ち、自ら調べたと思われるミルメークがある県とない県を示した図をTwitterに投稿したユーザーが登場。すると、Twitterを中心に、ネットで話題にする人が続出。Yahoo! リアルタイム検索をみると、「ミルメーク」というキーワードのツイート数が7000件超にものぼる瞬間もあるほどだった。

牛乳に混ぜる、牛乳用調味料「ミルメーク」は、大島食品工業が1967年に発売開始した商品。学校給食メニューの脱脂粉乳が牛乳に変わった際に、牛乳が苦手な子供でも飲みやすい味にするという目的で誕生したものだ。1993年からは市販もされており、現在家庭用にはいちご、バナナ、メロン、ココアなど8種類がある。

さて、前出「分布図」によると、北海道、青森、福島、静岡、岐阜、大阪などが「ある」地域、埼玉・東京・神奈川・兵庫・福岡は「ない」地域とされているが、“リサーチ”が不十分な点もある模様。これについてTwitterには

「北海道の小学校の給食で出てた(笑)」
「山口県ありましたよ」
「福岡市では普通に給食でミルメーク、出てましたよ」

など、自身の経験を報告する声が相次いだほか、2ちゃんねる・ニュース速報板にもスレッド「【画像】 『ミルメーク』の分布図くっそ吹いたwwwwwwww 道理で知らないわけだわ・・・。」が立てられ、話題に。そこでは、

「粉のやつを入れて溶け残った底の砂糖をストローで吸い込みながら飲むのは最高だった
一度きっちり溶かしきってしまい失敗したのが未だに悔やまれる」

と思い出を語る声のほか、

「福島だったがミルメークなんか見たこともねえ」
「大阪だけどミルメークなんてなかった」
「福岡だけど、ミルメークあったぞ」
「埼玉県北だけどふつうにあったぞ
年2,3回だったけど」

などと、“地図と異なる”という意見も多数。調査年代や、都道府県内の地域によっても異なるようだ。さらに、Twitterでは、給食用には「液体」版と「粉末」版があることを紹介する人があらわれ、話題はさらに拡散。懐かしさからコメントを投稿した人が多かったほか、16日から17日にかけては、一時大島食品工業のホームページにつながりにくい時間帯もあった。

現在では100円ショップにも売られているようで、17日になって「噂のミルメーク、粉タイプだけだけど、100均に5種類も置いてたよ!」など、早速100円ショップに行ってきたという人も。あなたの地域は「ミルメーク」、あっただろうか?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト