ネット界の“旬”なニュースをお届け!

中国上空の大気汚染スモッグに戦慄

2013.12.20 FRI

噂のネット事件簿


地形が分からないほどに汚染した大気に覆われている中国。グレーの部分がスモッグ ※この画像はサイトスクリーンショットです
NASAの人工衛星が撮影した、中国の深刻な大気汚染の実情を伝える写真がネット上に衝撃を与えている。

問題の写真は、2013年12月7日にNASAの人工衛星・テラが撮影したもので、NASAの地球観測所(NASA Earth Observatory)の公式サイトに掲載されている。中国東部を上空から撮影しているのだが、その一部が真っ白な霧と雲に覆われているのがわかる。さらに、その白い雲と霧の周辺が、広範囲にわたってグレーの靄(もや)がかかっており、それが大気汚染によるスモッグだという。

北京から上海あたりまでの直線距離にして約1200kmの範囲を覆うスモッグによって、中国の地形はほとんどわからない状態。内陸の山間部こそスモッグから逃れているが、北京・上海間にある都市部のほとんどが、大気汚染にさらされているのがわかる。

いわゆる「PM2.5」などと呼ばれる大気汚染物質が原因と思われるこのスモッグは、当然周辺国への影響も考えられる。この写真を見た日本のネットユーザーたちも大きな衝撃を受けており、2ちゃんねるのスレッド「NASA発表 宇宙から見た中国は汚すぎて地形確認ができない。」では、

「救いようがない」
「これ春になると黄砂と一緒に日本にやってくるんだぞ」
「こんなに汚くしちまって今後はどうなっていくのかね
海洋汚染とか大丈夫なん?」
「何か想像以上で引いた」

などと、まさかの状況に驚くとともに、日本への悪影響を心配している。

NASAによると、問題の写真が撮影された時期の大気汚染の指標となるAQI(空気質指数、数値が高い健康に悪影響を与える)は、北京が487、上海が404だったという。これは6段階の汚染指標のうち最悪となる「Hazardous(危険)」(指数301~500)のカテゴリーに入る数値であり、かなり深刻な状況であることがわかる。

日本や韓国といった近隣国などにも影響が拡大している中国の大気汚染問題。一刻でも早い根本的な問題解決を願うばかりだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト