ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ツイート内容、編集可能に?で議論

2013.12.25 WED

噂のネット事件簿


これまでにも「誤字編集できたらいいよね」などというつぶやきは多かったが… ※この画像はサイトのスクリーンショットです
現在ツイッターでは、一度投稿したツイートについて、“削除”はできるものの、内容を“編集”することは不可能だ。しかしこのほど、ネット上でツイッター社がツイートを後から編集する機能を検討中だという噂が広まり、話題となっている。

発端は、元ロイター通信社記者でジャーナリストのマシュー・キーズ氏のブログ。キーズ氏が入手した情報によると、ツイッター社が、最優先事項として検討していることのひとつに、投稿した内容を一定時間内という制限つきで編集可能にするというものがあるという。

ただし全文を変更できるわけではなく、“ちょっとした変更”のみ。タイプミスや、単語の削除、あるいは1つか2つ程度の単語を追加することができるようにするようだ。また、投稿者が自分のツイート内容を編集すると、リツイートした人のフィード上にも変更が反映される。誤報が拡散されてしまう場合などに、役立つことを見込んでいるとのこと。

この噂について、日本のツイッターユーザーの間では、

「僕はけっこうミスしてあ!って思うこと多いから実現してくれるとありがたいかな」

という声がある一方で、

「便利な機能だと思うけど、正直反対。打ち間違いのまんま上がっちゃうのもツイッターの味じゃな~い(^-^) /」
「編集できたら便利と思うことは若干あるものの、所詮つぶやきであるTwitterに編集は馴染まないと思うのだよね」

など、編集できないことも含めてツイッターの魅力という意見も多く見られる。また、

「うそをばらまいたり隠蔽したりにしか使われない気がするのでやめて欲しい。履歴つくならありかも」
「編集できたらブログみたいに容易にインチキができてしまう・・」

と編集が可能になることで、虚偽記載が増えるのでは?という心配の声も挙がっている。

なお、キーズ氏によると、この事案はまだ開発段階で、完成には数週間から数カ月かかるとのこと。公式発表はまだないが、ツイッターのあり方を含め、今後の展開に注目が高まりそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト