紹介しようと思えるのはやっぱり●●な人!?

女友達を紹介したくない男TOP3

2014.01.16 THU


恋愛相談をすると自然と紹介につながる可能性が。「女友達からも紹介を頼まれていたら仲介する」(21.0%)との声も多く、タイミングも重要! イラスト/まみやけい
「誰かいい子紹介して!」と女友達に頼んでもなかなか実現しない。それって一体なぜ? そこで、仲介人の女心を探るべく25~34歳の女性会社員200人にアンケートを実施!(協力:アイリサーチ)

その結果、男性に女友達を「紹介したことがある」人は41.0%と半数以下。しかし「彼氏がいる女性」に限定すると、結果は54.0%にアップ! 「彼氏がいない女性」では28.0%と大差がついた。紹介を頼むなら、彼氏持ちの女性にした方がよさそうだ。

続いて、紹介を頼まれた時の心境を聞いてみると…「正直めんどう」(53.5%)が圧倒的。この結果を、心理カウンセラーの小高千枝さんはこう分析する。

「相手を探す労力はもちろん、自分の女友達に『こんな男性と知り合いなの?』と思われて自分の評価が下がるかも…と考えると面倒、という気持ちもありますね」

さらに、「誰でもいい」と人選を任されると、余計に負担を感じるとの声も多数。

「紹介を頼む時は、好みを限定しすぎるのもしないのもダメ。大まかな性格(姉御肌、妹系)や雰囲気(かわいい系か美人系か)のタイプを伝えるのがいいですね」(小高さん)

ちなみに、どんな男性なら紹介しようと思えるかといえば…「マジメ」(61.5%)、「優しい」(41.5%)、「自分と仲がいい」(30.5%)、

「一定以上の収入「(24.5%)、「容姿がいい」(12.5%)という結果に。紹介では、容姿や収入より“信頼性”が重要だとわかる。逆に、紹介したくないのは「遊び人」(68.0%)がダントツ。次いで「定職に就いていない」(29.5%)、「低収入そう」(23.0%)と、安定志向の強さが浮き彫りに…。

ただ、「女性は『なんで彼女ができないんだろう』と“相談”されると『私が紹介しなきゃ』と思いやすい」と小高さん。まずは、信頼できる女性に恋愛相談をすることから始めてみますか!
(木村はだし/short cut)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト