ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ネット「サジェスト汚染規制すべき」

2014.01.20 MON

噂のネット事件簿


便利な検索候補サービスだが、被害を訴えていた原告にとっては打つ手なし? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
自分の名前をGoogleで検索すると、犯罪を想起させる単語が一緒に表示されるとして、都内の男性がGoogleを訴えた裁判で、東京高裁は15日、Googleへの賠償を命じた一審判決を取り消し、原告の請求を棄却する判決を下した。

Googleの検索フォームに単語を入力すると、その単語に関連するキーワードを表示する「サジェスト機能」と呼ばれるサービスが存在する。例えば「イチロー」と入力すると、「成績」「年俸」「名言」といった検索候補が登場するこのサジェスト機能だが、男性は、自分の名前をGoogleに入力すると、犯罪を連想される単語が検索候補に登場するとしてGoogleを提訴。東京地裁は昨年4月、男性の訴えを認め、Googleに表示の差し止めと30万円の賠償を命じたが、東京高裁は一審判決を覆し、男性の訴えを退けた。

東京高裁は判決理由として「表示による男性の不利益が、表示を削除することでグーグルや他の利用者が受ける不利益を上回るとはいえない」と述べたが、この判決に対し、ネット住民の見方は冷ややかだ。ネット上には「サジェスト汚染」という単語が存在し、ある人物を貶めるような単語を検索候補に表示させるような作業を行う者もいるため、2ちゃんねる「ニュース速報(嫌儲)」板の「東京高裁「Googleのサジェスト汚染は名誉毀損ではない」というスレッドには、

「これ悪意で出来るけど裁判長はそこら辺把握してないのか?」
「これって裁判官はネット検索の現状と問題点を理解してないわなあ
あらぬ誹謗や中傷の道具に使われてるのに、それに対応する法制度が
完全に遅れてる」
「ひでえ。政治家なんて死活問題だろこれ」

と、判決に疑問を唱える書き込みが続出。自分の名前を検索すると、身に覚えがない検索候補が登場してしまうリスクがあることだけは、知っておいてもよさそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト