心揺さぶる“1枚”を毎日お届け

【激撮】太陽にかかる光のリング

2014.01.23 THU

激撮


画像提供:ゲッテイ イメージズ(462932161/Thomas Niedermueller/Getty Images News)
1月15日、ドイツのオーベルストドルフにあるスキー場からの一枚。厚い雲に隠れていた太陽が顔を見せると、スキーをする人たちの頭上には突如大きな光の輪が現れた。この光の輪は「ハロ」という自然現象によるもので、日本では「日暈」(ひがさ)と呼ばれている。

この現象は、雲を形成している氷晶に太陽や月からの光が差しこみ、屈折することで発生する。肉眼では白くみえる光でも、プリズムの働きをする氷晶の屈折率によって、虹のように7色に分かれて見えることがあるという。

この光の輪は、雲の状態によって変化するため長くは続かず、数分で消えてしまうことも。神々しさすら感じるこのカットは、つかの間の“ショータイム”をとらえた貴重な写真だ。

  • 写真で振り返る2013年!

    富士山世界遺産登録や2020年東京オリンピック開催決定など、日本に注目の集まるニュースの目立った2013年。ゲッティ イメージズがとらえた、2013年を象徴する写真と動画をお楽しみください。
  • デイリー連載「激撮!感動の一瞬」

    心揺さぶる瞬間をとらえた“一枚”を毎日お届けします

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト