ネット界の“旬”なニュースをお届け!

GKの「苦労・悩み話」集まる

2014.01.30 THU

噂のネット事件簿


「キーパーグローブを付けていると靴ひもが結べない」というコメントもあったが、サウジアラビアリーグではフォワードの選手が相手キーパーの靴ひもを結んであげるというフェアプレーが行われたこともある
サッカーにおいて、フィールド上で唯一手を使うことができるポジションといえば、ゴールキーパーだ。その名の通り、ゴールを守る役割を果たす大切なポジションであり、日本では川口能活、楢崎正剛、川島永嗣といった数々のスター選手が生まれてきた。

そんなゴールキーパーだが、経験者にしか分からない苦労や悩みが多々あるようだ。1月22日に2ちゃんねる・ニュー速VIP板に立てられたスレッド「ガチでゴールキーパーやったことあるやつにしかわからないこと」では、ゴールキーパー経験者たちが様々なコメントを書き込んでおり、人気まとめサイトに取り上げられるなど、注目を集めている。

まず、ゴールキーパーといえば、主に運動量という点で、試合や練習において他のポジションの選手たちよりも「楽だ」というイメージが持たれている。しかし、スレッド内には以下のような試合・練習における苦労が書き込まれているのだ。

「練習で別メニューが多くて寂しい」
「朝練の霜降りたグランドが痛くて死ねる」
「決まっちゃった時の周りの気にすんな!みたいな気遣いが辛い」
「チームのやつにお前はあんま動かなくていいから楽でいいよなって言われてイラっとする」

この他、ずばり「寒い」というコメントも見られる。冬の試合・練習では、動きが少ない分、観ている人と同じく寒さを感じるようだ。自分のチームが“押している”試合では10分以上何もしないことがあるといった声も見られ、ゴールキーパーにとっては寒さ対策も重要であることがうかがえる。

また、以下のような“あるある”エピソードも見られる。

「グローブつけた後、靴紐結んでもらう」
「メンバー発表の時に一番最初に呼ばれるのは気持ち良い」
「PK戦の最中は止めて皆からチヤホヤされる妄想しかしてない」

メンバー発表やPK戦で注目されるのは、ゴールキーパーの役得といえそうだ。

そして、本当に経験者でなくては分からなそうなところでは、

「ゴール決められた時のリアクションに悩む」

という声。これは、地面を叩くほど悔しがり過ぎるとチームの士気に影響するかもしれないし、鼓舞しようにも自分が決められたから申し訳ないという悩みのようだ。

「俺もそれ悩んでたわ
リアクションしなかったらしなかったで監督に悔しくないのかとか言われてむかついた」

という同意のコメントも書き込まれており、ゴールキーパーにとっては切実な悩みなのかもしれない。

他のポジションに比べると経験者が圧倒的に少ないゴールキーパーだが、同スレッドにはそんな彼らの気持ちを理解することを助ける声が多く投稿されている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト