ネット界の“旬”なニュースをお届け!

FB発アプリ「Paper」に波紋

2014.02.05 WED

噂のネット事件簿


公式サイト。「あなたのまわりの友達と世界からのストーリーを閲覧・共有」できるアプリだとうたう ※この画像はサイトのスクリーンショットです
米Facebookが、2014年2月3日(現地時間)、米国ユーザー向けにiPhone用ニュースリーダーアプリ「Paper」を公開。様々な波紋を呼んでいる。

「Paper」では、Facebookでつながっている友人のニュースフィードを読むことができるほか、写真、スポーツ、食、科学、デザインなどに分かれたテーマを選択し、著名な出版社が執筆したニュースなどを閲覧できるようにするなど、表示内容をカスタマイズすることが可能。

“自分専用のニュースマガジン”を作ることができるという点では、雑誌風にニュースを読ませる「Flipboard」というアプリと似ているといわれることもある。ただ、「Paper」ではより画像を美しく見せることを意識しているようで、iPhoneを傾けるとパノラマ写真がスクロールされたり、ピンチアウトで写真の一部拡大表示したりすることができるほか、動画の再生ボタンをクリックすると自動的に全画面表示で再生されるなど、画像閲覧機能のバラエティに富んでいる。また、よりニュースフィードの閲覧に特化している点が特徴といえるだろう。

また、“Paper”という名前が紛らわしいとして、スケッチアプリ「Paper by FiftyThree」を手がける米FiftyThreeが、公式サイトで抗議文を発表している。同アプリは略して“Paper”と呼ばれており、Facebookの「Paper」の登場に驚き、Facebookとコンタクトをとったところ、謝罪されたものの、対応策はとられていないことに不満を示している。

リリース早々、アプリ名問題が指摘されている「Paper」だが、2月5日時点で、iTunesには3566のユーザーが評価を付けており、平均は星4.5と高評価が寄せられている。日本仕様はまだリリースされていないが、この米国版をダウンロードしてみた日本のネットユーザーは、ツイッター上に

「使ってみました。UIがかっこいい!」
「paper使ってみたらfacebookモバイルとは比較にならないぐらい使いやすい!」
「FacebookのPaper試してみた。ポートレート表示のiPhoneで横写真を見たときにiPhoneを傾けて全体を見る感じが面白い」

などと感想を投稿。「日本でのリリース早くしてくれー」と待ちわびる声も多い。

一方で、少なからず「新鮮さを感じない」という声もあるなど、SNS上でニュースを読むことに慣れたユーザーにとっては、特段珍しさを感じるものではないかもしれないが、Facebookが手がけるアプリとあって、注目が集まっている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト