ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「アキネイター」の画期的な使い方

2014.02.14 FRI

噂のネット事件簿


ランプの魔人に、自分の好みの相手を見つけてもらえる!?  ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ランプの魔人の質問に答えていくと、自分が思い描いている人物を特定してくれるプログラム「アキネイター」。その極めて高い正解率から、ネット界ではちょっとした有名プログラムだ。そのアキネイターを使って、自分好みの女性を探す遊びがネットユーザーの間で話題になっている。

「アキネイター」で遊ぶ際、まずプレイヤーは、当てて欲しい人物(タレントなどのほか、アニメキャラクターなどでもよい)を決めておく。するとアキネイターは、「実在する?」「女性(男性)?」などの質問を繰り出してくるので、プレイヤーは「はい」「いいえ」「分からない」「たぶんそう/部分的にそう」「たぶん違う/そうでもない」という5つの選択肢から回答。アキネイターは早いものなら5~10問の質問でズバリ正解してくれる。データベースをもとに正解を導くシステムになっているようなので、プレイヤーが遊べば遊ぶほど、より少ない質問で正解を導き出せるようになるという。

上記でも示したとおり、当ててほしい人物を決定してから遊び始めるのが定石なのだが、この機能を逆手にとり、「希望を入力していけば、自分にぴったりの異性を紹介してもらえるのではないか」と考えた人が2ちゃんねるに登場。「アキネーターに好みのタイプを教えれば女を紹介してくれるんじゃね」というスレッドが立てられると、早速やってみる人が続出した。

すると、「小林涼子」(モデル)や「藤田みりあ」(アイドルグループ・フェアリーズメンバー)、「神前美月」(アニメ『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』の登場人物)、「高坂穂乃果」(アニメ『ラブライブ!』の登場人物)など、実在の人物からアニメキャラクターまで様々な結果となったことが報告され、

「これはもう運命だわ」
「知らないやつだけど概ね満足」
「誰だよこいつwwwwwwwwwwwwww
でも可愛いかもしれない」

など、自分の好みの子が結果として登場した、というコメントが多数挙がった。それまで興味がなかった相手や、知らなかったキャラクターなどを知ることができたことで、新鮮な気分を味わえたようだ。

ただし、容姿や名前について、具体的に回答できないと、「片思いの相手」「空想の彼女」といった結論になる模様。それでも“好意がある”ということをきちんと読み取っているのだから、アキネイター恐るべし……。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト