ネット界の“旬”なニュースをお届け!

15歳リプニツカヤ「兄貴」が人気

2014.02.21 FRI

噂のネット事件簿


ネットユーザーの中には、リプニツカヤに「怒られたい」や「踏まれたい」といったMっ気のある願望を持つ人も ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ソチオリンピックの団体戦でロシアに金メダルをもたらした女子フィギュアスケート界の新星、ユリア・リプニツカヤ(15歳)の気が強いキャラクターが、日本のネット上で大人気となっている。

彼女が突如として人気になったきっかけは、報道番組『news every.』(日本テレビ系)などで報じられた、ショートプラグラム前の公式練習後のインタビューにおける「良い練習ができました メディアが邪魔でしたけど」という発言。これを鋭い目つきで堂々と発言する“サディスティック”ともいえそうな姿勢が即座にネット上で話題となった。

その後、「一度もフィギュアに興味を持ったことはない。時間ができたら映画を鑑賞する」や「キム・ヨナの演技を直接見たことがない」といった物怖じしない“正直すぎる”発言が取り上げられたり、キューバ革命の英雄であるチェ・ゲバラを尊敬しているといった彼女の内面の情報が広まったりしたことで、彼女に対して興味を持つユーザーが増加。

さらに、彼女が羽生結弦や浅田真央といった日本人選手に日頃から敬意を表しているという情報も広く拡散。これが“決定打”のようになり、多くの日本人ネットユーザーが彼女に好感を持つようになり、ついには、「リプニツカヤ兄貴」という呼称まで登場した。

ショートプログラムが行われた日本時間2月20日からフリースタイルが行われた2月21日にかけ、ツイッターには、

「リプニツカヤ兄貴最高っす」
「リプニツカヤ兄貴かっこよすぎ」
「マジでリプニツカヤ兄貴イケメンすぎるよね」
「フィギュア女子はリプニツカヤ兄貴の、狩るものの目つきがすごく楽しみです」
「今日はリプニツカヤ兄貴に期待している」
「リプニツカヤ兄貴かっけぇ!!浅田真央選手はもちろんやけど、リプニツカヤ兄貴も応援したくなったw」

など、15歳の少女に付くものとは思えないこの呼称を使ったツイートが多数投稿されている。

満足のいく演技ができずシングルでは5位にとどまったものの、今後も長らくオリンピックや世界選手権などで活躍していくことが予想されるリプニツカヤ。日本国内で人気外国人選手として愛され続けるのも間違いなさそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト