ネット界の“旬”なニュースをお届け!

都協議会がネット依存憂う緊急提言

2014.02.28 FRI

噂のネット事件簿


緊急メッセージでは、中高生に向け、「今、皆さんは、自分の将来を方向付けるかけがえのない時期を生きています。ネット依存によって貴重な時間を失わないよう、ケータイ・スマホの節度ある利用と、豊かな実体験を通して、充実した日々を送ってください」とも呼びかけている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2月24日に開かれた東京都青少年問題協議会の第2回総会において、スマートフォンの急速な普及によって青少年の「ネット依存」の問題が今後深刻化するおそれがあるとされ、同協議会より“緊急メッセージ”が発表された。

この緊急メッセージは、社会全体が連携して早急にネット依存予防の取り組みを行う必要があると報告するもので、「都に対する提言」「子供をもつ全ての保護者への呼びかけ」「中学生・高校生等への呼びかけ」という3本立てとなっている。

都には、早急なネット依存予防の普及啓発や、ネット依存対策への取り組みを行うことなどを求めており、保護者と中高生向けには、“各家庭でのケータイ・スマホ利用についてのルール”“生徒自身が話し合って作るルール”など、ルール作りの重要性を強調。そして、ネット依存がもたらす悪影響についても呼びかけている。

独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター・ネット依存治療研究部門の資料をもとに提示されたネット依存の悪影響は、以下のようなものだ。

身体面:視力低下、運動不足、エコノミークラス症候群など
精神面:ひきこもり、昼夜逆転、睡眠障害など
学業面:成績低下、遅刻・授業中の居眠り、留年・退学など
金銭面:浪費、保護者のクレジットカードの無断使用など
対人面:家庭内暴力・暴言、友人関係の悪化など

これらの悪影響を主に保護者向けに提示し、家庭で決めたルールを子供が守れなかった場合のルール(約束を破った時に自ら責任を取らせるために発動するルール)を設定しておくことも提言している。

しかし、この緊急メッセージの内容は、ネット上ではあまり評判がよくないようだ。メッセージについて報じた各メディアの記事を読んだツイッターユーザーからは、

「東京都青少年問題協議会が無意味な提言をしててワロタ。大人だけで一方的に決めたルールなんて何の意味もない」
「ゲームもネットもスマフォも依存しても何も問題ない。欠けてるのは情操や倫理、人としての教育。親の問題」
「問題なのはスマホではなく人、そして家族の関係なのだが」
「『ネット』とスマホはイコールでは無いし、『依存』が仮にあるとして『依存症』とは区別されるべき」

といった声が多数投稿されている。メッセージに同調する声も少数見られるものの、提示されているネット依存の悪影響とスマホとの直接的な因果関係を疑う見方が強いといえそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト