ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「歩きスマホ」は禁止にすべき?

2014.03.03 MON

噂のネット事件簿


渋谷の交差点の人混み。不意に止まりがちなのも、「歩きスマホ」の危険のひとつだ
2014年2月27日、YOMIURI ONLINEなどが、東京都内で「歩きスマホ」の事故で救急搬送された人の数が3年で1.5 倍以上に増えているという東京消防庁の調査結果を報じ、ネットユーザーの間で話題となっている。

ツイッター上には、

「取り締まってほしい…」
「駅のホームで電車待ちしてたらいきなり知らない女が俺にぶつかってきた、理由は歩きスマホ、もし俺が白線ギリギリで電車待ちをしていたらあの女は殺人犯だわ」
「自転車スマホってのもいるんだよね。危ないったらありゃしない」
「スマホいじりながら歩いてるやつのせいで電車一本遅くなった。新宿駅構内は朝はスマホ禁止でいいよもう。本当にうざい」

と、“歩きスマホ被害者”からの声や、

「止まってやればいいのにって、いつも思う。人混みでも歩きながら出来ると思ってる人…周りが巧みに避けてくれてるんだよ」

など、日頃から気になっていた人からのコメントが多数投稿されている。新宿など利用者の多い駅では、スマホを見ながら歩くことで流れが遅くなったり、またいきなり自分の前で止まられてぶつかりそうになったりと、不都合も多いようだ。“地図や乗り換え情報を見るのに困る”という声もあるが、それについては

「せめて道の端に寄れよと思う」
「移動中は地図とか万歩計アプリとかそういうののみ、起動出来るようにしたらどう?」

という意見が投稿されている。とにかく歩きスマホをしている人は、自分のことだけに集中してしまいがちなのが問題のようで、なかには、

「ながらスマホにマナーをじゃなくて禁止にしたら マジであぶねぇよあいつら」
「歩きスマホと電車内スマホを、法律で禁止にしてほしい。。。
非常に迷惑な人が多い(っㅈ`-。)」

など、“いっそ禁止にすべき”という意見をもつ人も少なくない。

実際、昨年6月千代田区では、歩きスマホの対策として鉄道会社に注意喚起の要望書を提出したり、昨年末にはNTTドコモが歩きスマホ防止アプリをリリースするなど、マナー向上を図るべく、対応をすすめているところ。今後は歩きタバコ並みに、“歩きスマホ禁止”となるエリアも増えていくのかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト