ネット界の“旬”なニュースをお届け!

311 各方面から被災地にエール

2014.03.12 WED

噂のネット事件簿


はるか異国の地から被災地にエールを送った田中将大 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
東日本大震災から3年が経過した3月11日、東京都千代田区の国立劇場では、政府主催の「東日本大震災3周年追悼式」が開かれ、天皇、皇后両陛下が参列したほか、全国各地で追悼行事が開催された。当日はネット上でも、犠牲者を悼む人が多数現れた。

およそ1万6000人が亡くなり、今なお2500人以上が行方不明という甚大な被害を生んだ大震災。震災が発生した14時46分には、「黙祷」というツイートが多数投稿された。また、14時45分から15時までの15分間に「黙祷」という単語を含むツイートは6万2000件にのぼり、11日全体では18万2000件に到達。さらに「震災」という単語も1日で25万回以上投稿されるなど、今なお震災の爪痕が国民全体に深く刻まれている様子が浮き彫りとなった。

一方、芸能人からも震災に対するコメントが多数寄せられている。地震発生当日、気仙沼で被災したサンドウィッチマンの富澤たけしはブログで、「今年も気仙沼に来ています」と報告したうえで、「まだ復興への道のりは長いです」と指摘。震災で親族3人を失った気仙沼市出身のマギー審司は、気仙沼市の現在の画像数枚とともに、ただ一言「またまだ、支援を続けます‼」(原文ママ)というコメントを添えたブログ記事を発表。また、宮城県出身の狩野英孝はブログで、

「皆さんが東北に遊びに行き、美味しいものを食べて頂くだけで大きな応援に変わります!ぜひ、皆さん遊びに行ってみて下さい!!」(一部抜粋。以下同様)

と述べたほか、AKB48の大島優子は復興支援ライブで石巻市を訪れ、

「今日見た沢山の笑顔と言葉を
ずっと覚えていようと思います」

と発言。同じく石巻市を訪れたAKB唯一の被災者・岩田華怜(仙台市出身)は、

「目に見える復興は少しずつ進んでいるかもしれませんが、心の復興はまだまだです」

と、Google+に投稿した。さらに更新日は3月10日となるが、昨年の楽天優勝の立役者・田中将大も、

「僕達が野球することによって、少しでも元気に前向きになっていただける方がいらっしゃるのであれば、こんなに嬉しいことはありません。仙台を離れましたが、アメリカの地に来た今も、その気持ちに変わりはありません」

と、ブログ記事で今の思いを明かした。現実的には、復興への道はまだまだ険しい状況にあるものの、それ立ち向かおうという意志は、国民全体で広く共有されているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト