ネット界の“旬”なニュースをお届け!

名前をフィン語に変えるツール登場

2014.03.18 TUE

噂のネット事件簿


入力する際には、名字と名前の間のスペースを入れるのをお忘れなく ※この画像はサイトのスクリーンショットです
日本のネット上では以前から、フィンランドが人気だ。その立役者となっているのは、なんといっても駐日フィンランド大使館のツイッターアカウント(@FinEmbTokyo)。フィンランドにまつわる情報を面白おかしくツイートし、積極的にユーザーと交流を図るこのアカウントには10万1645人(3月15日現在)のフォロワーが付いている。駐日大使館としては異例の数字だ。

そして、同アカウントから発せられるツイートで特に人気なのが、フィンランド語について紹介・解説するものだ。挨拶に使う「Moi(もい)」や、“なう”を意味する「nyt(にゅっと)」など、フィンランド語には響きが“かわいい”とされる単語が多く、フォロワーたちの興味を集めている。

そんなフィンランド語人気を受けてか、フィンランド政府観光局が、自分の名前を入力するとフィンランド語に翻訳してくれるサービス「フィンジェネレーター」を公開した。

同サイトによれば、フィンランド人の名前には、森や動物といった自然、そして神話の登場人物からインスピレーションを得たものが多いとのこと。このジェネレーターでは、日本語の名前を入力すると、そんなフィンランドの自然や神話にちなんだフィンランド語の名前が自動的に選ばれ、その意味も解説されるのだ。「名前をフィンランド語に変えて、あなたの内に隠されたフィンランド的なものを探ってみましょう」と投げかけているが、氏名の意味を直訳するようなものではないようだ。

ためしに日本の有名人の名前で試してみると、以下のようなフィンランド語の「ニックネーム」と解説が表示される。

有吉 弘行:「VÄINÄMÖ HARJU」(VÄINÄMÖ…フィンランドの民族叙事詩カレワラに登場する詩人で賢者のヴァイナモイネンから派生した名前、HARJU…頂上部)

本田 圭佑:「PYRY LUOTO」(PYRY…吹雪、LUOTO…小鳥)

大島 優子:「RITVA METSÄLÄ」(RITVA…落葉樹の柔らかく垂れ下がった枝、METSÄLÄ…森)

ふなっしー:「JOUKO RINNE」(JOUKO…フィンランドの民族叙事詩カレワラに登場する若くて勇敢なラップランドの賢者、ヨーカイネンから派生した名前、RINNE…坂)

佐村河内 守:「KALEVA HARJU」(KALEVA…フィンランド神話に登場する架空の人物で大王様、HARJU…頂上部)

名前ごとに異なるフィンランドの写真が表示され、写真をダウンロードしたり、結果をSNSでシェアできる仕組みだ。

すでにネット上では、多くのユーザーが自分の名前を入力して遊んでいる模様。出てきたフィンランド名を公開しても本名がバレるリスクはないため、SNS上で公開する人も多く現れている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト