ネット界の“旬”なニュースをお届け!

radiko 全国で聴ける有料版

2014.03.28 FRI

噂のネット事件簿


全国の放送が聴ける有料版をスタートする「radiko.jp」。NHKのラジオは聴くことができない ※この画像はサイトのスクリーンショットです
パソコンやスマートフォンでラジオを聴くことができるIPサイマルラジオサービス「radiko.jp」は、月額350円(税別)で全国のラジオ放送を聴くことができるサービス「radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)」を4月1日からスタートする。

「radiko.jp」は、ネットに接続しているIPアドレスから聴取している地域を判別し、その地域で受信可能なラジオ局の放送のみを聴取することができるサービス。一般のラジオと同様、無料で聴くことができる。

4月1日から開始する「radiko.jpプレミアム」は、そのエリアフリー版。FM局を含む全国68局のうち、60局の放送を聴くことができる。

以前から、全国各地の放送を聴きたいという要望が多かったとのことで、今回のプレミアム版登場にツイッターユーザーたちも、

「ラジオ革命が起きた!」
「ラジオっ子大歓喜!」

と、歓迎している様子。しかし、まだ満足しないという意見もあり、

「大阪・MBSラジオが、radiko.jpプレミアム60局に入ってないことに、今ごろ気づいたわw」
「Radikoプレミアムは有償ってことは録音できるようになるの?できないならいらないよ~(。´Д⊂)Razikoの方が断然使えるやん!」

などと、一部のラジオ局が聴けないことに対する不満や、録音機能を備えてほしいとの声も多かった。

ちなみに、ツイッターユーザーの発言にあった「Raziko」とは、「radiko.jp」の視聴エリア制限を解除する機能を持つ、非公式の無料アプリのこと。つまり、これまでも無料で全国のラジオ放送を聴く方法が存在していたというわけだが、今回の「radiko.jpプレミアム」スタートをうけて、「Raziko」は、

「Razikoが提供していたエリア設定機能がradiko.jpが行う事業に影響を与える可能性が発生します。そのため、Razikoはエリア設定機能を無効化することに決定致しました。radiko.jpのエリアフリー聴取は有償ではありますが、インターネット上での都道府県の壁を無くす方針として望ましいものと考えます」

と、表明。今後、「Raziko」ではエリア制限の解除ができなくなるという。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト