心揺さぶる“1枚”を毎日お届け

【激撮】バリの正月に悪魔の山車

2014.03.30 SUN

激撮


画像提供:ゲッテイ イメージズ(479321535/Putu Sayoga/Getty Images News)
写真のなかに立ち並ぶ、なんとも奇妙な形相をした巨大人形。これらは、バリ島の一大イベント「ニュピ」の前日に行われる「タウール・クサンガ」という儀式のために作られた悪魔の姿をした山車である。

「ニュピ」とはヒンドゥー教特有の暦で、元日のこと。毎年3月中旬に新年を迎えるバリ島では、その前日の大みそかに島のいたるところで写真のような「オゴオゴ」と呼ばれる山車をぶつけ合い、悪魔払いをするのだという。

また、この島の正月には一風変わった習わしがあり、“元日”の翌日朝6時まで島民は一切の外出を禁止され、夜中に電灯をつけることも禁じられているのだとか。空港も閉鎖され、島全体が静寂に包まれるこの日は「沈黙と瞑想の日」と呼ばれているそうだ。

  • 注目セレブ ファッションチェック!

    きらびやかな授賞式の様子から旬のセレブのプライベートショット、この冬注目のファッションアイテムまで、エンタメ情報を写真で見るならこちら。随時更新中!
  • デイリー連載「激撮!感動の一瞬」

    心揺さぶる瞬間をとらえた“一枚”を毎日お届けします

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト