ネット界の“旬”なニュースをお届け!

突然叫ぶ?「金魚草系男子」登場

2014.04.01 TUE

噂のネット事件簿


アナタの周りにも思い当たる人が? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
「草食系」「ロールキャベツ系」など「○○系男子」という単語の多様化、細分化が進んで久しいが、3月26日、ネット上に「金魚草系男子」なる単語が登場、拡散を続けている。

この「金魚草系男子」という単語は、あるツイッターユーザーがイラストとともに提唱し、ツイートしたもの。その特徴としては、「口は半開き」「焦点がイマイチ合わない目」「なんか常に揺れてる」「ぼーっとしている」「あまりしゃべらない」といったポイントがあげられており、「突然叫ぶ」という少々シュールな点も特徴の1つだ。

この投稿にリツイートした人のなかにも、知らなかった人は多かったようだが、これは漫画雑誌『モーニング』に連載中の漫画『鬼灯の冷徹』に登場する「金魚草」をモチーフとしたものだ。この金魚草とは、実在する「キンギョソウ」(オオバコ科)とは異なり、漫画の主人公・鬼灯(ほおずき)が品種改良した、植物の上部に金魚が実る観賞用の動植物。最大3mにも達するという金魚草はコンテストも開催されており、そこでは「鳴き声」も審査対象となるため、上述の「突然叫ぶ」という特徴は、これが元ネタになったものと思われる。

『鬼灯の冷徹』は今年1月からアニメ化されており、放送開始直後には、あるツイッターユーザーが金魚草を白玉で再現し、その画像は1万4000人以上にリツイートされ、ファンに好評だった模様。しかし、今回に関しては、『鬼灯の冷徹」のファン以外の間でも多く拡散しており、ツイッター上には、

「水臭いってこと?藻っていいにおいはしないよな。。。」
「これ俺じゃね」
「いいですね♪ すごい好みです」
「何か小学生の時いた気がする。。」
「これリアルの私じゃン」
「うちの弟なんだけど」
(以上すべて原文ママ)

といった感想が登場。先のツイートは引用件数が9500件以上、「お気に入り」が6000人以上に達しており(3月31日12:30現在)、「金魚草系男子」の特徴から、身の回りの誰かを思い浮かべた人は少なくなかったようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト