ネット界の“旬”なニュースをお届け!

新入社員の「嘆き」ツイート多数

2014.04.08 TUE

噂のネット事件簿


新入社員が「社畜」というワードを使うと、反感を買うおそれがあるかも…
4月が始まって1週間。新社会人たちは、生活リズムはもとより、様々な社会のルールに慣れるのも苦労していることだろう。入社後初めての週末を終え、ツイッター上には新社会人たちの社会人生活への感想があふれている。

まず、職場の雰囲気に慣れず、緊張が続く日々を嘆くコメントから。

「予想以上に会社が新入社員全員に期待しててプレッシャー」
「正直慣れないのもあるけど毎日緊張するしガチ辛い。部活の3億倍キツイわ」
「新入社員でお散歩。
会社でご飯食べよったら
喋っちゃいけん雰囲気じゃけ
辛い」
(すべて原文ママ)

また、自分の好きな時に寝て、好きな時に起きられる生活が一変し、「土日のありがたさを改めて知った」という声や、「入社1週間にして早速ひきこもりたいと思い始めた。大学は天国だったのだ・・・」と、大学生活との落差を感じている声も多い。

そんななか、早速ガツガツ働いているという投稿も多く、

「まさかの入社2日目で会社で夜飯カップ麺とは…!!!」
「社会人3日目で会社に泊まるライフハック」
「入社3日目で会社出たのが20時40分w」
「明日は福井に出張んー♪
ちなみに、日帰りww」

などのコメントが。そして「いきなり明日は朝の4時から出勤です。社畜すぎwww」という投稿もされていたが、このような新入社員の投稿や態度に対して先輩社会人からは、

「入社してきた新人が自分のコトを『社畜』とか言ってたら凄く嫌だなあ(´ー`)面接の時は『ココに入れてください』て言ってたクセに入ってしまうと手のひら返す。そんなに自嘲的になるなら辞めればいいのにと思ってしまう」
「電車で新入社員であろう子が『髪黒く染めなきゃいけないんだよー携帯もいじっちゃだめとか、これって社畜だよね』と話していて、『見せてあげますよ本当の社畜を』っていいながら立ち上がりたい衝動にかられている」

と、自嘲的にでも新入社員が簡単に「社畜」という言葉を使うのに違和感を覚える、との意見も少なくない。

入社数日の段階で、「会社辞めたい」といった投稿も多いが、今はSNS全盛の時代。あまりにたやすく「辞めたい」などとつぶやくと、同じ会社の誰かが読んでいるかもしれない。投稿時の言葉のチョイスは、くれぐれも慎重に…。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト