ネット界の“旬”なニュースをお届け!

花粉症でも大丈夫なバーチャル花見

2014.04.09 WED

噂のネット事件簿


Googleストリートビューで見る青森・弘前公園の桜。青森の開花予想は4月23日 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
花見シーズン真っ盛りのなか、ネットの世界ではGoogleストリートビューでの花見が人気となっている。

車載カメラで撮影した街中の写真を地図と連動して表示するGoogleストリートビュー。有名な観光スポットに行った気になれると人気だが、掲載されている写真の季節が統一されていないという難点もある。つまり、花見スポットのストリートビューにアクセスしても、桜が咲いている写真が見られるとは限らないのだ。

しかし、Googleストリートビューのスペシャルコレクション「日本の桜」は、桜が咲いている写真だけを集めたコンテンツだ。弘前公園、高松の池、北上展勝地、神田明神といった日本全国の桜の名所38カ所の写真を掲載。360度を見渡せて、まるでその場で花見をしているかのような気分を味わうことができるのだ。

また、同じくGoogleの「ストリートビューで巡る日本の名所」というコンテンツでも、「桜巡り編」として、同様に日本全国50カ所の桜の名所をまとめて紹介。一部、桜シーズンではない写真も含まれているが、桜の名所に関する簡単な説明もあり、花見のデータベースとしても重宝しそう。

現時点(4月7日時点)では東北・北海道ではまだ桜が開花していないため、Googleストリートビューの桜は去年以前のものとなるが、それでもやはり花見シーズンにネット上で桜が楽しめるということを喜ぶ人は少なくない。ツイッターでは、

「これはすごい。花粉症でも安心ネー!」
「お花見した気分になれた~♪」
「おうちで 日本列島各地 の桜を花見楽しかったぉ!」(原文ママ)

と、バーチャルな花見を楽しむネットユーザーが続出。特に、花粉症の人にとっては、室内で花見ができるとあって、ありがたいコンテンツとなっているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト