ネット界の“旬”なニュースをお届け!

キャプ翼挑戦第2弾は憲剛&大久保

2014.05.08 THU

噂のネット事件簿


ホント? CG? 高レベルの再現度にネットではCG説が噴出 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
Jリーグ・川崎フロンターレの中村憲剛と大久保嘉人が、人気漫画『キャプテン翼』(以下、キャプ翼)に登場する必殺技「反動蹴速迅砲(はんどうしゅうそくじんほう)」を再現する企画に挑戦。動画が公開され、再生回数がみるみる伸びている。

この企画は、キャプ翼とJリーグが協力し、Jリーガーが「キャプ翼」の必殺技に挑戦する企画の第2弾。3月に公開された第1弾では、FC東京の太田宏介が「カミソリシュート」の再現に挑み、動画の再生回数はすでに500万回近くに達している(5月7日9時現在)。

今回、中村&大久保のフロンターレコンビが挑戦した「反動蹴速迅砲」は、漫画では中国人MF・肖俊光が得意とした必殺技だ。その内容は、「相手がシュートしたボールをダイレクトで蹴り返して、威力のあるシュートにする」というもの。

動画は、中村が漫画本を片手に大久保に技の内容を説明するところから始まっており、反動蹴速迅砲の説明を受けた大久保は「やりましょうよ。絶対できますよ」と自信満々の様子。中村と大久保が向かい合い、中村が蹴ったボールを大久保が蹴り返すと、ボールはゴールネットに突き刺さり、「今の反動蹴速迅砲でしょ!」と興奮する2人の様子が収められている。4月30日に公開された動画の再生回数は、すでに193万回に達している(5月7日9時現在)。

ただし動画のコメント欄を見ると、必殺シュートのあまりの完成度の高さから、2人が本当に反動蹴速迅砲の再現に成功したのかどうかを疑う声も少なくない。

「これ試合でやってくれないかなw
みたい!」
「マジかよ!出来るもんですね!」
「すごい威力ですね!試合でも使ってほしいですよ」

と、プロの技量に感嘆の声をあげる人がいる一方で、

「CGの技術すごいなー」
「どっからどう見てもCG
ボールの軌道をよく見ろ」
「ボールの蹴った時の動きからしてCGだね…w」

と、CG説を主張する人も多数登場しているのだ。ちなみに5月5日放送の「やべっちFC」(テレビ朝日系列)では、動画の撮影風景が放送され、そこでは「数回の挑戦の末、本当に成功した」と紹介されている。必殺シュートのあまりの完成度の高さから、物議を醸しているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト