ネット界の“旬”なニュースをお届け!

錦織TOP10入りで各所から賛辞

2014.05.13 TUE

噂のネット事件簿


25日からはいよいよ全仏。夢の4大大会制覇はなるか ※この画像はサイトのスクリーンショットです
男子テニスの最新世界ランキングが12日に発表され、現地時間の11日に終了したマドリッド・オープンで準優勝した錦織 圭が、1972年にできた現行のランキング制度で日本人男子初となるTOP10入りを達成。各方面から快挙を祝う声があがっている。

日本のテニス界は、長らく女性優位の時代が続いていた。クルム伊達公子はシングルスでランキング4位、杉山 愛は同8位まで上り詰め、杉山はダブルスで4大大会を何度も制覇し1位に。一方、男子は、松岡修造のシングルス46位が最高だった。

2007年にプロに転向した錦織は、09年に50位台にまでランキングを上げ、松岡の記録を更新するのも間近かと思われたものの、ケガによりランキングは一旦大きく落ちこんだ。しかし翌年に復活した錦織は、11年10月に松岡の記録を更新し、12年には15位、13年には11位と順調にステップアップ。そして今シーズン27勝5敗と絶好調の錦織は、ついに悲願のTOP10入りを果たした。

この快挙に対し、ネット上でも錦織を褒め称える書き込みが殺到している。2ちゃんねる「芸スポ速報+」板の「【テニス】錦織、F・ロペス破り トップ10入り決めた!初の準決勝進出でフェレールが相手!-マドリードOP★2」というスレッドには、

「マジで凄いわ」
「生きてるうちに男子トップ10に日本人が入る日が来ようとは・・・」
「すごすぎていまいち現実感がない…」

と、驚きと喜びの声が殺到。「テニス」板の錦織のスレッドも、マドリッド・オープン決勝のナダル戦の感想や今後への展望など、錦織を語りたがるテニスファンが大挙してスレッドを訪れ、1日あたりの書き込み数が1000件以上のペースとなっている。

そして錦織の出身地である島根県民も大喜びしている。島根県といえば人口が下から2番目で、なかなか話題になることの少ない県。それゆえ喜びはひとしおだったようで、ツイッター上には、

「錦織すげぇ!おかげで島根が世界に発信される」
「錦織は島根の星や‼」
「錦織圭の活躍は嬉しいです、同じ島根出身として」

と、故郷の英雄の躍進を喜ぶツイートが相次いでおり、日本全国からおめでとうの声があがっている状況だ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト