映画館、お寺…“スペース貸し”のバリエーションが拡大

「お化け屋敷」貸切 1時間8千円

2014.06.05 THU


画像上段/ニューヨークのルーフトップバー(画像提供:imago/アフロ)、画像右下/創業140余年の「門間箪笥店」。企業研修などに利用可、画像左中段/結婚式場としても使われる青山迎賓館、画像左下段/スクリーンも使える「ユナイテッド・シネマ豊洲」(画像提供/スペースマーケット)
映画館、寺、別荘など、様々なスペースの貸し借りができるサービス「スペースマーケット」が話題を集めている。場所を貸したい人と借りたい人をウェブ上でマッチングするもので、法人・個人問わず利用可能だ。仕掛け人の重松大輔氏(スペースマーケット代表)にお話を伺った。

「スペースは1時間単位で貸し借りできます。たとえば、築数百年の古民家や一等地の豪邸などでパーティーをしたり、お化け屋敷で『肝試し合コン』をやったり、法人の場合は映画館やお寺で株主総会を開催したり。幅広く利用することができます」

登録スペースの数は180(2014年5月時点)。たとえば、映画館「ユナイテッド・シネマ豊洲」は1時間4万9666円~(※3時間から利用可。価格はスクリーンにより異なる)、方南町のお化け屋敷「オバケン」は1時間8000円(※3時間から利用可)、眼前に海が広がる鎌倉の別荘は1週間10万円~(季節により異なる)だ。ちなみに、海外にも同様のサービスはあり、アメリカを拠点とする「EVENT UP」のサイトには、ラスベガスのゴルフ場(半日1000ドル)、ニューヨークのペントハウス(半日2500ドル)やカジノ部屋(半日1500ドル)などが掲載されている。

「日本にはまだスペース貸しのサービスが根付いていないため、相場はあってないようなもの。利用料は施設の規模、立地、ニーズの高さなどを加味して設定していますが、基本的には貸主側のご希望に沿う形です」

現在の登録スペースは首都圏中心だが、今後は全国に拡大。登録数も3年間で5000件を目指していくという。

「水族館や遊園地、動物園、廃校、スタジアム、オフシーズンのスキー場、さらにはお城なんかも貸し借りできたら面白いのではないかと思っています」と重松氏。ゆくゆくは「天守閣で宴会」なんて豪儀なことも夢じゃない、かも。
(榎並紀行/やじろべえ)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト