ネット界の“旬”なニュースをお届け!

児ポ法改正案 曖昧な基準に不安も

2014.06.06 FRI

噂のネット事件簿


児ポ法改正案が衆院を通過したその日に反対声明を出した日本雑誌協会と日本書籍出版協会 ※この画像はサイトスクリーンショットです
単純所持に罰則を設けた児童ポルノ禁止法の改正案が、6月5日の衆議院本会議で可決された。このまま参議院での審議を経て、今国会で成立する見通しだ。

改正案では「自己の性的好奇心を満たす目的で」児童ポルノを所持した場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる。また、すでに所持している人に処分を猶予するため、施行から1年間は罰則が適用されないという。

改正案は、昨年5月に自民、公明、日本維新の会の3党共同で提出。マンガやアニメーションにおける児童の性的な表現について調査研究し、その結果をもとに必要な措置をとる、という内容の附則について、表現規制に繋がると批判が殺到していた。

今回可決した改正案では、問題の附則を削除。マンガやアニメーションは、規制の対象外となった。

ネット上での大きな関心の的となっていた、マンガやアニメの規制。それがなくなった今回の児童ポルノ法改正案について、ネットユーザーたちはどう評価しているのだろうか。ツイッターを見ると、

「児童ポルノ禁止法改正案において漫画、アニメ、CGは規制対象外らしいね。表現の自由が尊重されたのね…(安堵)」
「児童ポルノ禁止法改正するんだね、二次元は適用外だから安心した」

と、マンガやアニメが対象外となったことに安心する意見がある一方で、

「あいも変わらず、どこからが猥褻?ってお話だよね」
「児ポ法の線引きがいまいちわからない」
「今度の児ポ法改正案が通ったら、『水着の小学生の写真』持ってる人は全員単純所持で逮捕されちゃうの?
額面通りに解釈するとそうなっちゃうんだけど。
本来児童をレイプなどの性犯罪から守るための法律じゃないの?」

など、どこからどこまでが「児童ポルノ」となるのか、その基準が曖昧であると不安を抱くネットユーザーも少なくなかった。

そんななか、改正案が衆院で可決となったその日に、日本雑誌協会と日本書籍出版協会は「『児童ポルノ禁止法』改正案への反対声明」を発表した。「児童ポルノ」の定義が曖昧であることや、「自己の性的好奇心を満たす目的で所持」という事実を証明することが困難であることなどを指摘し、表現規制につながる危険性があると主張している。

衆院で可決されたとはいえ、すべてが受け入れられたとはいい難い児童ポルノ禁止法改正案。今後も、まだまだ議論を続ける必要がありそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト