なぜ“グー”の音に個人差が…

空腹時の「お腹の音」原因は猫背!?

2014.06.18 WED


過度なストレスが、腹鳴の原因になることもあるそう。お腹の音が気になったら、休憩をとってリラックスしながらおやつタイム…もいいのかも
会議中のシーンとしたなかでお腹が鳴って、恥ずかしい思いをした…。そんな経験がある人も多いはず。そもそも、お腹が鳴るのはなぜ? 赤坂おだやかクリニック理事長の西澤寛人先生に話を聞いた。

「空腹になり血糖値が下がると、胃は食事を入れる準備をします。少しでも多くの食べ物を入れようと、収縮運動を行って内容物を移動させ、胃の中を空っぽにしようとするのです。その過程で、胃の中に残っている空気を十二指腸に押し出すときに、胃と十二指腸をつなぐ幽門部で音が発生します」

つまり、お腹の音は、胃が食べ物を受け入れる準備の音ということ。これは「腹鳴」と呼ばれる生理現象で、空腹時の「グー」のほかに、小腸や大腸が消化をする際の「ポコポコ」という音もあるそう。ところで、人によってものすごく大きく「グー」って鳴ることもあるけど、個人差はあるの?

「便秘がちの人は音が鳴りやすく、大きくなりがちですね。また、炭酸入りの飲み物をよく飲む人、食事の時間が不規則な人も大きくなりやすいです。過敏性腸症候群という病気の人もお腹にガスが溜まりやすく、腹鳴が強くなることがあります」

音の大きさは、胃の大きさや緊張しやすい体質かどうかなど、先天的な性質の影響も大きいという。でも、大事な打ち合わせ中など、なるべくお腹を鳴らしたくないシーンもある。予防はできる?

「基本的にお腹の動きは自律神経に従って動いており、意識して止めることはできません。つまり、胃が動いている以上、音を止めることもできないのです。ただ、音を小さくすることは可能です。猫背をやめ、背筋を伸ばすように心がけましょう。猫背だと腹部が圧迫され、お腹の圧が高くなります。すると、ガスが溜まりやすく、お腹が鳴りやすくなるのです。また、過度な緊張を避け、お腹をへこませたり膨らませたりすると、音が小さくなることがあります」

生理現象なだけに、鳴るのはしょうがないぐらいの心構えでいた方がいいだろう。絶対に鳴ってほしくない時には、事前に軽く食べておくべし!
(船山壮太/verb)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト