ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「おっぱいW杯」開催中

2014.06.23 MON

噂のネット事件簿


ちなみに日本チームの紹介文は「日出づる国の美女たちに、君のムスコもライジング」(※意訳)となっている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
サッカーW杯が開催され、各国の勝敗に一喜一憂が続いているところだが、ネット上では「おっぱいW杯」が開催中だ。

これは、“有名人のヌードに関する世界有数の権威”を誇るウェブサイト「Mr.Skin.com」が企画しているもの。W杯参加16カ国の“代表”女優11人が出演する作品のヌードシーンやセクシーシーンについて人気投票を行い、トーナメントで優勝国を決める。例えばアメリカなら、GKがアンジェリーナ・ジョリー、フォワードにヘザー・グラハム、ディフェンダーにアン・ハサウェイらが名を連ねる。名前をクリックすると、プロフィールと、ヌードあるいはセクシーなシーンが含まれる作品の一覧が表示される。

作品は、ヌードシーンがあるのか、セクシーシーンなのかに分けられており、ヌードであればどの部分を露出しているか、セクシーなら下着やビキニなど、“何が”セクシーなのかなどの表示もあり、実に丁寧な表で説明されている。

そんななか、日本のメンバーを見てみると、GKは日本初のポルノ女優といわれる池玲子。フォワードにはセクシータレントの蒼井そら、女優・菊地凛子、雑誌『PLAYBOY』などで活躍したモデルのアキラ・レインら。ミッドフィルダーにはAV女優の麻美ゆま、女優・神楽坂恵、ディフェンダーにAV女優の吉沢明歩と、モデルやグラビアアイドル、女優のほかAV女優も多く選出されている。

お気に入りの女優に投票すると、その国の「支持率」となって計算され、支持率が高かった方が「勝ち」。日本はイタリアと戦った結果、35.48%対64.52%の支持率で大敗し、8強ならず…。ちなみに8強はアメリカ、ドイツ、オーストラリア、フランス、イタリア、ブラジル、カナダ、イングランドとなっている(6月23日13時現在)。

ツイッター上では、

「ワールドカップより、おっぱいワールドカップの方が圧倒的に関心がある」
「にっぽん!にっぽん!( °∀°)o彡゚」

などと密かに盛り上がり中。本家W杯でも、上半身にボディ・ペインティングをしたブラジル人巨乳モデルや、チリやパラグアイ、コロンビアなどの巨乳美女サポーターたちが話題となっている。W杯には、おっぱいがすっかり付き物になっているのかも?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト