ネット界の“旬”なニュースをお届け!

YouTuberミカエラに注目!

2014.06.26 THU

噂のネット事件簿


異文化交流の架け橋となっているミカエラさん。キュートなルックスとユニークな視点が人気だ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
“YouTuber”として知られるミカエラ・ブレスウェートさん(26歳)が、6月22日に放送されたバラエティクイズ番組『日本語探Qバラエティ クイズ!それマジ!?ニッポン~日本ってスゴいんだぞSP』(フジテレビ系)に出演し、人気が上昇している。

『日本語探Qバラエティ クイズ!それマジ!?ニッポン』は、クイズ形式をとりながら、日本や日本語の優れた点を紹介する番組。ミカエラさんは、当番組にパネラーとして登場し、林修さんが日本語のスゴいところを解説するコーナーでは、外国人が意外だと思った日本語についてコメントをしていた。

ミカエラさんは、カナダ出身で福岡市在住。YouTubeではチャンネル登録者数20万人以上(6月24日時点、以下同)、246本の動画を公開しており、合計2700万回再生されるという人気の“YouTuber”だ。日本での生活や旅行、食べ物といった情報に加え、日本語の難しさなどを紹介している。たとえば、

・[字幕付き] Drinking in Japan 日本の缶酎ハイと缶カクテル文化
・Japanese Food Stalls 一人で屋台挑戦してみた!
・福袋・不幸袋買いました Japanese “Lucky”/“Unlucky” Bags!
・Eating RAW Chicken in Japan?! 生の鶏肉食べるの~?!
・[字幕付き] 義理チョコに負けないぞ。I hate Giri-Choco
・プリクラはどこまで嘘なのか Japanese Purikura Technology

など、様々な日本の文化を外国人ならではの切り口で発信。海外からの人気に加え、わかりやすい字幕で日本人にもじわじわと人気が広がっている。

直近では、5月10日 に「The Japanese Culture of “Listening” あいづちと外国人あるある的な?」という動画を公開し、再生回数は 19万6540 回。日本人は、相手が話をしている間にもあいづちをたくさん打つが、外国人は相手の話が終わる(あるいは一段落つく)のを待ってからあいづちを打つという違いを紹介している。日本人のYouTube試聴者からは、

「日本人として、日本の外から来た人のこういう意見は面白いです。
日本の女の子の相槌はたしかにうるさい(笑) 」
「これは面白い!盲点でした
『ちゃんと聞いてるよ』の合図だからね。
逆に全く反応がないと、相手から『話、聞いてる?』なんて言われることも・・・w
海外に行ったら気をつけなくちゃ」

というコメント。外国人からは、

「Yes yes yes yessssssssssssss!」(そう、そう、そう、そうなのおおおおおおおお!)
「Funny...I do this and I’m American and have not been to Japan,lol.」(面白い…私はアメリカ人で日本に行ったことないけど、こうやって相づちを打つわね、笑)
「I actually LIKE aizuchi ... and I think it’s a very useful and important communication tool」(実際のところ、僕は相づち、好きだけどな…とても便利で重要なコミュニケーションツールだと思う)

など、様々な意見が寄せられている。インターネットという国境のない世界で、日本文化についてユニークな視点を発信し続けるミカエラさん。今後ますますの活躍が期待される。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト