モノ足りない生活よサラバ

脱草食!気軽に摂れる精力フード

2014.07.05 SAT


佐久間保=写真 photography TAMOTSU SAKUMA
男性の精子量が少なくなったといわれる昨今。性欲はあるけども元気がなくて、という草食系R25世代は多いのでは? とはいえ、いざという時にできなければ男がすたる。何かせずとも、食事に気を付けるだけでアツい夜を過ごす方法はないだろうか? 栄養士の資格を持つ、「All About エスニック」ガイドの佐藤わか子さんに話を聞いてみました。

「アボカドがおすすめですね。メキシコや中央アメリカでは昔から精力剤として重宝されていて、古代メキシコの言葉ナワヒリ語では睾丸を意味します。成分は男性ホルモンの分泌を促すビタミンEが豊富で、他にタンパク質、ビタミンA、Bやミネラルも含まれていて滋養強壮には最適ですね。それに、山芋も効果的です。タンパク質の吸収を活性化させ、粘りの素となるムチンに、精力改善を促す一酸化窒素を含むアルギニンが入っていますからね」 

なるほど! でももっと身近な食材で何かありませんか?

「でしたら、ゴマ(リノール酸、オレイン酸)、ニラやネギ(アリシン)、しょうが(ジンゲロール成分)なども血行を良くする効果があるので意識して食べてみてください。ゴマには活性酸素を減らし、老化防止になるセサミンが含まれていますし、ニラやネギの辛味成分のアリシンには滋養強壮のビタミンB1やビタミンEが多く含まれ、しょうがには催淫作用(!?)と抗酸化作用(いわゆる老化防止)があるといわれています」

おぉ、これだったら無理なくできそうだ。ちなみに、デート中でもさりげなく食べられるおすすめ精力料理はありますか?

「女性に人気の韓国料理とかいかがですか?特にコプチャンジョンゴルという韓国もつ鍋には、さきほど挙げた、ニラ、ネギ、しょうがに加えて、にんにく、モツなどの精力食材も入っています。副菜としてナムルを食べ、ゴマも摂取すれば完璧でしょう」

よっしゃー、これで明日からヤル気を出すぞー! と思ったけど、まずは彼女から探さなきゃな。

※この記事は2011年1月に web R25に掲載された記事です

※この記事は2013年7月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト