ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「妖怪ウォッチ」売り方エグい?

2014.07.11 FRI

噂のネット事件簿


7月10日に発売された『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』。前作『妖怪ウォッチ』と連動して登場するレア妖怪もいる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
現在、子供たちの間で爆発的なブームとなっているのがニンテンドー3DS用ゲーム『妖怪ウォッチ』だ。フィールドにいる妖怪と友達になりながら物語を進めていくRPGで、いわば妖怪版ポケモンといったところ。マンガ化やアニメ化がされているほか、ゲームと連動したコレクションメダル「妖怪メダル」というグッズも大人気となっている。

そして、7月10日には待望の新作『妖怪ウォッチ2』が「元祖」と「本家」の2バージョンで発売され、その人気に拍車がかかりそうだが、ネット上ではこの2バージョンの連動機能が話題となっている。

その連動機能とは、2バージョンの両方を持っていると特別なダンジョンが登場するというもの。さらに、その特別ダンジョンにいる敵を倒すと、“レア妖怪が出やすいガシャ”を引くことができるというのだ。

つまり、そのレア妖怪がほしいのなら、2バージョンをプレイしないといけないということであり、ネット上では両方を買わせるための戦略と、指摘されている。

また、ダウンロード版限定の妖怪が収録されている一方で、パッケージ版限定の購入特典もあり、ゲーム内の全要素をそろえたいのなら、もはや全バージョンをプレイするほかない。そんな『妖怪ウォッチ2』について、ツイッターを見ると、

「妖怪ウォッチ両方買わなあかんのかい」
「ポケモンを軽く超えていくエグさヽ(・∀・)ノ」
「パッケ版は2本揃えて隠しダンジョン、DL版はそれぞれに限定妖怪。えげつない商売やで…!」(註:「元祖」「本家」2バージョンの連動で登場する特別ダンジョンは、パッケージ版とダウンロード版のどちらでもプレイできる)

と、“エグい商売”と評するネットユーザーも。とはいえ、やはり大人気ゲームということもあって、

「どういう形でアンロックされるにせよ、バージョン違いがあるタイトルは必ず両方買う自分に隙はなかった。さあ来い」
「妖怪ウォッチ2は元祖と本家両方持ってないとできないことあるとか?! 両方予定の俺氏圧勝\(^o^)/」
(以上、すべて原文ママ)

など、特に迷うことなく2バージョンを購入するファンも多かった。

同じゲームのバージョン違いを複数購入するのは、子供にとっては少々ハードルが高いが、子供だけでなく大人にも人気が高い『妖怪ウォッチ』。まさに“大人買い”をするファンも多いようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト