ネット界の“旬”なニュースをお届け!

深夜ツイートは攻撃的、データ証明

2014.07.22 TUE

噂のネット事件簿


行動と感情、つぶやきの連動性が明らかになった
Yahoo!は、7月16日、ツイッターに投稿された文章を0~24時までの軸で解析し、各時間帯によくつぶやかれる言葉から、どの時間帯にどのような感情のこもった言葉が投稿されやすいのかを発表した。

この発表は、Yahoo! JAPANのビッグデータレポートチームが「Yahoo!検索(リアルタイム)」データを解析したもの。レポートチームが独自に作成した“気分”ワードリストから、時間帯ごとにツイートを検証したところ、特にツイートされる割合が高かった上位3つは以下のとおりとなったという(レポートより抜粋)。


〈朝〉
6時台…「明るい」「眠い」「健康的」
7時台…「痛い」「えへへ」「がんばろう」
〈昼〉
12時台…「お腹すいた」「もぐもぐ」「うきうき」
13時台…「満腹」「あったかい」「おそい」
〈夕方〉
17時台…「帰ろう」「疲れた」「終わり」
18時台…「暗く」「お疲れ様です」「近い」
〈夜〉
22時台…「えっ!?」「うらやましい」「いいよ」
23時台…「一日お疲れ」「ごめん」「確かに」
〈深夜〉
1時「間違いない」「こわい」「悔しい」
2時「怖い」「エロい」「やかましい」
〈早朝〉
4時「死ね」「変な」「どうして」
5時「暗い」「大切」「愛して」

6時台の「眠い」や、12時台の「お腹すいた」などは、当該時間帯によくツイートされる言葉として納得できるものの、7時台の「えへへ」、23時台の「うらやましい」など、なぜこの時間帯に多いのか謎なワードもある。

また、このレポートでは、「感覚」や「気分」に関するワードに注目し、1日の推移も検証。それによると、「もうだめ」「ダメだ」などの精神的な苦痛を表現するような“ネガティブ系ワード”は2~4時台にピークとなる傾向が多い一方、肉体的な苦痛を表す言葉は別の時間帯に多いことも発表している。

たとえば、「腰が痛い」は8~9時台、「頭が痛い」は16~17時台、「足が痛い」は17~18時台といったところだ。おそらく、仕事や学校など、活動の前後と関係しているのだろう。さらに、「(笑)」や「エロい」など、プライベートでよく使われそうな言葉についても分析、「(笑)」は23時台、「エロい」は2時台でピークという結果になっている。

これらの結果に対し、ツイッターでは、

「人の本音的なものがつぶやかれやすいだけにおもろい分析結果だな」
「この分析は面白いなあww出来すぎで作為的ですらある」
「深夜のツイートがこわい…」
「2時はエロ、4時は鬱か…」

などと、深く納得する声が多数。

普段なにげなくつぶやかれている言葉と、時間帯による活動との相関性が分析・整理された今回の結果は、ネットユーザーたちにとって興味深い内容だったようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト