ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ジブリ解散の噂「仕方ないか」の声

2014.07.23 WED

噂のネット事件簿


スタジオジブリの最新劇場公開作『思い出のマーニー』。これで最後になってしまうようではあまりにも寂しいが、実際のところはどうなのだろうか? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
スタジオジブリが解散するかもしれない──そんな噂がネット上で話題となっている。

噂の発端となったのは、ニュースサイト「楽天woman」に掲載された「マーニーがラスト? ジブリが解散?!」というニュース記事。7月19日に公開された映画『思い出のマーニー』が、スタジオジブリとしての最後のアニメ作品となり、「今後は新作はつくらず会社としては版権管理のみを行うことになるようです」という関係者の証言が紹介されているのだ。

これまで『となりのトトロ』や『千と千尋の神隠し』といった宮崎駿監督作品を中心に、数々のアニメ作品を制作してきたスタジオジブリ。しかし、そんな宮崎監督が昨年公開の『風立ちぬ』で長編監督としては引退を宣言しており、ジブリ解散説に現実味を感じてしまうのも事実だ。ツイッターでも、

「マジかどうかはともかく、ジブリは宮崎駿と鈴木敏夫の物だから、いなくなれば必要ないのかもね・・・」
「ジブリは、ジブリや鈴木敏夫さんではやっていけない、宮崎駿さんの映画制作のための工房だな。宮崎駿さんが引退したあとは、ジブリ外部から才能ある監督を招き入れないと存続は難しいのかもしれない」
「公式に発表がない限りは噂の段階に過ぎないけど、後継が育たなかったのは大きいねぇ」
「そりゃずっと宮崎作品作ってりゃ後継者育たんわ。。。大御所いなくなったら解散しかない」

などの意見が寄せられており、やはり“宮崎駿あってのスタジオジブリ”というイメージが強い模様。宮崎監督が引退宣言をしたということは、ジブリ解散も仕方ない、という見方が多かった。

とはいうものの、やはり多くのファンに愛されているのがスタジオジブリ。

「ジブリ解散が噂されてるけど、本当なのかな??
嘘であってほしい。
頼むから」
「ジブリが解散するとか信じたくないところある」
「ほんまなん
ほんまやったら今後の楽しみなくなるんやけど」

と、存続を願う声も多かった。

今回のニュースは、あくまでも噂であり、公式発表ではないが、多くのファンがスタジオジブリの今後を心配していることだけは間違いない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト