ネット界の“旬”なニュースをお届け!

朝日、双方向型ニュースサイト開始

2014.07.24 THU

噂のネット事件簿


今後、どんな「リクエスト」が記事になっていくか期待される ※この画像はサイトのスクリーンショットです
7月22日、朝日新聞社がネットユーザーの意見を基に取材記事を作る、“双方向型”のニュースサイト「withnews(ウィズニュース)」の本格運用を開始したことを発表した。

「withnews」では、ネット上の話題について通常記事を掲載するほか、「取材リクエスト」として、ユーザーから“調べてほしい取材記事”のリクエストを受け付ける。依頼された内容は編集部で整理したうえで可能な限り取材し、記事化して掲載するという。

取材リクエストの内容は、「これフカボリしてほしい」というコーナーにまとめられ、閲覧することが可能。各取材リクエストには「ホって」ボタンがついていて、ユーザーは共感した内容に対して「ホって」を押すことで、応援できるという仕組み。すべてのリクエストを取材することは難しいようだが、公式HPによると「ホって」数が多ければ「編集部も頑張ります」という。ちなみに、編集部が着手しているものには「取材中」というマークが付けられる。

リクエストは、政治問題から海外の話題、現在の流行まで多岐にわたっており、7月24日時点で「猫のキャラクターのゲームやアニメが流行っている理由」や、「最近流行だという“エクゾティア系女子”の意味を調べてほしい」というリクエストが「取材中」。記事化が終わったものは、「フカボリしました」コーナーで一覧を見ることができ、「『妖怪ウォッチ』の人気の秘密」や「本の要約サービスの著作権について」「阪大のゴミ捨て場に現れた大量のロボットの謎」などが公開されている。

また、これぞといったネタを持っている場合は、編集部への機密ホットライン「タレコミ」から連絡することも可能だ。

「withnews」について、ツイッターには、

「これ面白い。ついに新聞社も共創やな」

と、取り組みを歓迎する声のほか、

「ニュースサイトの多様な試みは興味深いが、ユーザーに未知の世界をどう表現し関心を持たせるかが大事。情報に“恣意的なもの”が入らないことを望む」
「凄い面白い取り組みだとは思うけれど、リクエストを発信する側のモラルが問われることになる気がする」

という意見など、様々なコメントが寄せられている。

多くのネットユーザーは、取り組み自体を興味深く受け止めながら、今後どのように展開していくのか、注意深く見守る姿勢のようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト