ネット界の“旬”なニュースをお届け!

漫画は電子版・紙版どちらで読む?

2014.08.05 TUE

噂のネット事件簿


現在、コミックスは約7万7千点をそろえるというKindleストア。無料本やセール品も多い ※この画像はサイトのスクリーンショットです
新文化通信社が7月31日に報じた記事によると、アマゾンジャパンは電子書籍販売の伸び率が高く、2014年6月は電子コミックスの販売数が紙版を超えたと明らかにした。有料・無料の内訳については非公開で、ツイッターでは、

「無料と¥99も多いんだろうけど、金額でも5分の1くらい来てるのかな?」
「金額だとどうなんすかね」

と、実際にお金を出して電子コミックスを購入する人の割合が気になるという声もあがっているが、現実的に電子版・紙版のどちらを選択する人が多いのだろうか?

ツイッター上の声をみてみると、

「コミックのデジタル化はやっぱり反対だー。漫画は紙で読むからいい。伝わるものが伝わる」
「文学作品と漫画は紙の方がいいけど他は電子でいいかなって感じ」

という“紙派 ”と、

「中身だけ思い返したい漫画は電子書籍で買い直した(´・ω・`)
「最近Kindleの方が安いので漫画は紙の本より電子書籍を買ってしまいがち。どうせ次引っ越すときにうっぱらっちゃうから電子の方が取り回しがいいのね」

と、電子書籍の保存性に着目した“電子版派”に分かれた。また、

「電子書籍で漫画を入れてみたけど、旅先ではいいな。紙の方が、見たいページをピンポイントで探すときにパラパラーってできるから、やっぱりそっちのが好きだけど。嵩張らないのはいい」

など、使い分ける人もいるようだ。ちなみに多かったのが、

「BL漫画は電子の方が安全だよなあって思う時あるww」
「百合漫画は電子書籍で買うのがベターなのかしら」
「気になるエロ漫画は電子書籍で買えばいいかなぁーって最近悩んでる」

という、他人に見られたくない本は電子版のほうがよいという意見。電子版にも紙版にも長所があるため、一概にどちらが良いとは言えないが、電子版が普及していることで、漫画を読むシチュエーションが増えているのは間違いないようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト