ネット界の“旬”なニュースをお届け!

原爆の日 中国新聞の番組表が話題

2014.08.07 THU

噂のネット事件簿


番組表の文章を考えるのは、RCCスポーツのディレクターだという ※この画像はサイトのスクリーンショットです
8月6日の原爆の日。ネット上では、広島県広島市に本社を置く中国新聞の番組表(ラテ欄)に込められた「縦読み」のメッセージが、静かに話題になっていた。

「縦読み」とは、横書きで書かれた文章の文頭の1文字を縦に読んでいくと別のメッセージが浮かび上がるというもの。新聞のラテ欄に掲載する文章を考えるのは各テレビ局で、北海道放送が野球中継の際に始めたとされており、今ではNHKもW杯のときに試みたりするなど、各局に広がっている。

8月6日のプロ野球・中日対広島は、広島にとっては敵地となるナゴヤドームでの試合。中国新聞のラテ欄に掲載された、中国(RCC)放送による生中継番組の「プロ野球中継 中日対広島戦」紹介文は、一見すると、先発投手を紹介しつつ、敵地での健闘を祈る内容になっている。しかし、縦に読むと「カープ応援できる平和に感謝」となり、また「L字読み」(縦読みをし、最終行だけ横に読んでいくこと)をすると、「カープ応援できる平和に感謝胸に8・6野球中継」となる。

また、8月6日の朝には、RCCスポーツのツイッターアカウントが、

「実は新聞によっては文字数が違うんです。そのため毎回2種類の縦読み(時にはL字読み)を考えています。見比べてみると微妙に違います」

と投稿。別の紙面のラテ欄では、縦読みすると「野球ができる平和に感謝」となっている。

これらに気がついたネットユーザーが、ラテ欄を写した画像をネットに投稿するなどして話題が拡散。ツイッターでも、

「すごく感動した」
「担当者の気合いを感じる」
「こうして日常を過ごせることに深く感謝します」

などという声が続出したほか、

「カープは当時の広島の希望そのものだったからな」
「いまの広島があるのは
ほんとにカープのおかげだと思う」

と、広島カープが広島県民の心の支えになってきたと指摘する声も。

1949年に誕生した広島カープは、もともと、原爆の悲劇からの復興を目指して結成されたプロ野球球団で、広島市民の“希望の星”。そんなカープとあって、メッセージはより深く人々の心に響いたようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト