働くオトコの 「頭皮ラボ」

熱帯夜の睡眠不足 頭皮にも悪影響?

2014.08.15 FRI

働くオトコの 「頭皮ラボ」


熱帯夜の寝苦しさで睡眠不足が続くと、髪の成長にも悪影響が!?

成長ホルモンが分泌される夜10時~深夜2時の間に良質な睡眠をとろう!



ヘッドスパ専門店ベルシュヴー代表の増田厚さんによると、睡眠不足は肌だけじゃなく、やはり頭皮にも良くないようだ。

「一般的に、成長ホルモンは夜10時から深夜2時にかけて最も分泌されるといわれています。当然、髪を成長させるホルモンも多く分泌されるので、この時間帯に良質な睡眠をとることが大切です。熱帯夜で睡眠不足になるとこのタイミングを逃がすほか、ストレスがたまってさらなる悪循環に陥ることもあるので注意しましょう」

ストレスがたまるのは、やっぱり頭皮にも良くない?

「普通、夜は自律神経が副交感神経優位に働きます。体がリラックスした状態になり、血管が拡張し、血圧が下がり、血行が良くなるんです。しかしストレスがたまると、自律神経の働きが悪くなり、夜も交感神経が優位な状態のままになります。昼のような“気を張った”興奮状態のまま、血管が収縮し、血圧が上がり、血行が悪くなってしまうので、頭皮にうまく成長ホルモンが運ばれなくなってしまうのです」

熱帯夜で眠れないとストレスがたまり、そんな悪循環になってしまうとは! 寝つきを良くするためにはどうすれば?

「体をリラックスさせてあげることですね。夏場はシャワーで済ませがちですが、38度くらいのぬるめの湯船に浸かり、しっかりと疲れを落としましょう。そしてお風呂上がりに軽くストレッチ。これで副交感神経が優位に働くはずです」

寝苦しさを緩和するために、寝る時にエアコンをかけるのは?

「28度くらいに設定して、直接風が当たらないようにすればOKです。室温を下げすぎると、今度は体が冷えて血行が悪くなってしまうのでご注意を」

睡眠不足はお肌だけじゃなく、頭皮にも大敵だった! 寝つきを良くするためには「ストレッチ」「38度の湯船に浸かる」「室温28度」がキーワードのようだ。頭皮のことをケアする上では「血行」が重要なキーワードであることが分かった。
新ブランド「CLEAR」のラインナップには、薬用 スカルプ&ヘア スパークリング トニック(医薬部外品)のほか、シャンプーやエクストラケアコンディショナーもある。
ということで、そんな頭皮の「血行」を考えたアイテム選びも大切になってくる。たとえば、日本人男性の頭皮のことを考えて開発された、ユニリーバ・ジャパンの新ブランド「CLEAR FOR MEN(クリアフォーメン)」の「薬用 スカルプ&ヘア スパークリング トニック」(医薬部外品)は、血行の促進にはぴったりのアイテムだ。男性の頭皮に必要な補給成分「アミノ酸(バリン)、ビタミンE誘導体、タウリン:(保湿・整肌成分)」も配合。「シャンプー」「エクストラケアコンディショナー」と合わせて展開中だ。

睡眠不足になると当然、仕事にも悪影響が。良質な睡眠をとって頭皮環境と仕事の質を上げよう! そして、頭皮にいいトニックでしっかりケアすることも忘れずに。

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト