ネット界の“旬”なニュースをお届け!

LINEマンガ連載、作品群超豪華

2014.08.18 MON

噂のネット事件簿


ツイッターでは、各出版社やマンガ家も「LINEマンガ連載」について積極的にPRしている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
LINEがスマートフォン向け電子コミックサービス「LINE マンガ」で、「LINE マンガ連載」を開始したと8月13日に発表。閲覧は無料で、毎週100作品以上をラインナップするとあって、注目を集めている。

「LINE マンガ」は、2013年4月にサービスを開始。アプリ内に購入、閲覧、整理機能を網羅しているのが特徴で、同社によると50社以上の出版社・レーベルを通じ、これまでにコミック7万4000点・ライトノベル5000点以上の作品を提供してきたとのこと。

「LINEマンガ」は有料だったが、このほど始まった新サービス「LINE マンガ連載」は無料。無料にすることで、ユーザーが新たなジャンルや作品に出会う“場”を増やし、デジタルコンテンツ市場を活性化することを目指すという。

連載ラインナップは、

『東京喰種トーキョーグール』(石田スイ/集英社)
『アゲイン!!』(久保ミツロウ/講談社)
『進撃の巨人 attack on titan』(諫山創/講談社)
『L・DK』(渡辺あゆ/講談社)
『失恋ショコラティエ』(水城せとな/小学館)
『毎度!浦安鉄筋家族』(浜岡賢次/秋田書店)
『海月姫』(東村アキコ/講談社)
『好きっていいなよ。』(葉月かなえ/講談社)
『Sエス―最後の警官―』(藤堂裕・小森陽一/小学館)

などで、曜日ごとに1話ずつ公開される。アニメや映画、ドラマの原作となった人気作品や、今年5月に週刊少年ジャンプで連載がスタートしたばかりの『火ノ丸相撲』(川田/集英社)など、新作も扱う。

無料で様々な出版社のマンガ作品を閲覧できるサービスとしては、これまで電子漫画ストア「めちゃコミック」や週刊マンガ雑誌アプリ「マンガボックス」などがあるが、LINEマンガ連載の提供作品には「lineが新しく始めた無料連載漫画のラインナップがすごかった」(原文ママ、ツイッターの投稿より引用)など驚く人も多い。

今後、“連載漫画はネットで無料閲覧”の時代が来るのか、今後の動きに注目したい。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト