ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「投資×萌えキャラ」サイトが人気

2014.08.15 FRI

噂のネット事件簿


ナビゲーターの九十九蘭。割と天然で、ボケ担当なのだとか ※この画像はサイトのスクリーンショットです
8月14日、日本経済新聞社のグループ会社・QUICKが、美少女キャラクターが上場企業の情報を発信するサービス「IRroid(アイアールロイド)」を正式リリースした。上場企業1社ごとに割り当てられた応援担当の美少女キャラクターが、公式サイト上で、企業情報や株価、財務情報などをユニークな方法で知らせてくれるとあって、ネット上でも話題となっている。

各企業のイメージを盛り込んだキャラクターには企業情報が紐付けられており、「萌えモード」と「企業モード」が切り替え可能。例えば証券コード2217・洋菓子メーカーの「モロゾフ」のキャラクターは、ボブカットでミニスカートにエプロンを身につけたキュートな少女で、“萌えモード”にすると“霜田琥珀”という名前があらわれる。企業情報も、表現が“萌えモード”にチェンジ。誕生日(設立年月日)は8月8日、すまい(本社)は「神戸市」、自己紹介は“お菓子作りが大好きな、朗らかな女の子。ゆるふわスイーツ系。クリームで絵を描いちゃう。出生のルーツはロシアと聞いている。バレンタインやクリスマスのイベントが大好き”といった具合だ。

その他メインデータとして HP(時価総額)、攻撃力(ROE)、防御力(自己資本比率)、おもてなし(配当利回り)、ツンデレ(ヒストリカルボラティリティ:過去データに基づいて算出した価格変動率のこと)、影響力(対TOPIXウェイト)、高嶺の華(最低購入価格)、コンディション(株価)といった情報が表示されるほか、株価の状況については、

「3295円で前日比0.76%のプラスッ! 慢心は身を滅ぼすわ」
「2244円で前日比0.62%のマイナスですね。お気遣い痛み入ります」

など、キャラクターに合わせた口調で教えてくれる。

ちなみに、血液型が同一のキャラクターは同一の資本系(もしくは主要取引先)であるなど、キャラクター情報と企業情報がリンクしているなど、様々な仕掛けが隠されているようだ。

「IRroid」サイトのナビゲーターを務め、日本のマーケット情報を解説するのは、QUICK のキャラクター「九十九蘭」。九十九蘭を描いたのは美少女ゲームの原画家として活躍する植田亮で、その他キャラクターも大笆知子、推奨幻想、ミトン、藤ちょこなど豪華イラストレーター陣が手がけている。

ツイッター上には、

「アイデアは面白い。なにか一工夫すれば大当りしそうだなー」
「これは…!お気に入りのあの娘に笑顔になって欲しいからその企業に投資、とかありうる…((((;゚Д゚))))」
「『株これくしょん』くるでまじで」

など、興味をそそられる声が続出。ブラウザゲーム「艦隊これくしょん」で、様々な“艦”を擬人化したキャラクター「艦娘」が人気なことから、「株これくしょん」といったワードも登場している。

QUICKによると、現在キャラクターが用意されているのは約50社だが、知られざる優良企業を中心として年内には100社を目指すとのこと。掲載初日で50万PVを突破したという、当サイト。“株娘”たちが、若者の「株離れ」「投資離れ」を食い止められるか。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト