ネット界の“旬”なニュースをお届け!

カジノ解禁でも、日本人は出禁!?

2014.08.22 FRI

噂のネット事件簿


ギャンブル依存症の人は536万人される厚労省の推計によると、IT依存の傾向がある成人は421万人だとか
安倍政権は7月末、内閣官房にカジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)の整備を検討する新組織を発足させた。一方で時事通信が、厚生労働省は、カジノ解禁に関し、日本人の利用を認めないよう求めていく方針だと報じ、議論となっている。

記事によれば、厚労省は、カジノを作ること自体には反対していない。ただ、ギャンブル依存症などの精神疾患対策を所管する立場として、「カジノ解禁によってギャンブル依存症患者が増える事態を懸念」しているのだという。

厚労省の研究班の調査によると、パチンコや競馬などといったギャンブルに依存する「病的ギャンブラー」は成人人口の4.8%にあたる536万人に上ると推測され、これは諸外国と比べて際立って高い割合だという。

“日本人はギャンブル依存の傾向があるため、日本にあるカジノに日本人が入れなくなる可能性がある”ことについて、ツイッターには、

「それを言うなら外人もNGでは。外人は依存症になっても構わないということになりかねない」
「パチンコなどにハマりやすいから日本人はカジノNGなら、まずパチンコ禁止じゃないの?」

など、厚労省の説明に疑問を呈す声も少なくない。ただ、外国のカジノ事情について、

「他国でも同じ、もしくは入場禁止ですけど…」
「アメリカ以外だとこれが普通。韓国のように自国民は立ち入り禁止の国すらある。本来カジノは観光客向けの施設である」

という報告も挙がっている。

政府は東京オリンピックが開催される2020年までにカジノを開設したい構えだが、議論すべき点は山積みのようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト