ネット界の“旬”なニュースをお届け!

深夜のネット連動ホラー番組に期待

2014.08.28 THU

噂のネット事件簿


予告動画では、盗撮カメラからの映像を体験できる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
フジテレビが、8月30日の深夜3時33分より、視聴者参加型のフェイクドキュメンタリー番組『SHARE』を放送すると発表。番組放送中にスマホアプリ「SHARE」を起動しておくことで、番組ストーリーとリアルタイムに連動した様々なギミックが体験できるという。

監督は、『放送禁止』シリーズ(フジテレビ系)を手がけた長江俊和氏。本番組では、5人の男女が住むシェアハウスに次々と不可解なことが起こり、至るところに設置されている盗撮カメラなどで、視聴者側も住人が味わう恐怖を疑似体験できる。また、住人が電話をかけるタイミングで、自分のスマホに実際に電話がかかってくるギミックなども用意されているとのこと。

また、ストーリーには謎解きが用意されており、放送中に解答を入力し、正解者のみ本当の結末を知ることができるなど、スマホをテレビの“セカンドスクリーン”として視聴することを提唱している。

ツイッターには、

「『放送禁止』の長江監督。楽しみすぎる」
「これは期待できる」
「ちょっと面白そう」

という企画へ興味を示されているほか、

「『SHARE』面白そう!ホラー!」
「貞子2 3Dみたいな感じかな」

と、ホラーファンの心もくすぐっているようだ。

なかには、深夜3時33分からという時刻に、リアルタイムで見られるか不安の声もみられるが、せっかくなら深夜の静まった部屋で観たいものだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト