ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ツイピク終了に惜別の声

2014.09.10 WED

噂のネット事件簿


2008年にスタートしたツイピクもあと2週間の命。今までのあげた画像を保存する傍ら、思い出に浸る人も続出している模様 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ツイッター上で画像を共有できるTwitpic(ツイピク)が、9月25日限りでサービスを終了すると発表。ツイッターユーザーから惜別の声があがっている。

Twitpicは9月4日、公式ブログで「Twitpic is shutting down」(ツイピクは遮断されています)と題するブログ記事を公開した。その内容は、Twitpicが9月25日にサービスを終了することを告知するもので、ユーザーには、Twitpic内に保存されていた画像や動画などを取り出して保存することを推奨。終了の理由については、ツイッター社からTwitpicが保有する商標を放棄するよう要求されたこと、従わない場合にはツイッターのAPIへのアクセスを遮断されるおそれがあることなどをあげている。

今でこそツイッターは“自前”で画像をアップロードする機能を備えているが、以前は外部の画像アップロードサービスを利用しなければならなかった。その中でも2008年からサービスを開始したTwitpicは、多くのツイッターユーザーに愛用され、ツイッターに画像を添付する機能を長らく担ってきた。

それゆえサービス終了が告知されると、ツイッターユーザーからは、

「twitpic 9月にサービス終了なのか。写真、バックアップしとくかなぁ」
「とりあえずtwitpic使えなくなる前に一括保存しとこ」

と、データの保存に励むユーザーが現れる一方、

「twitpicサービス終了か・・・ 不便になるのぉ・・・」
「twitpicサービス終了なのね…私的には使いやすかったので残念…」
「えええTwitpicサービス終了とは…超お世話になってたのになあ。お疲れ様でした」

といった労いの声も登場。また、

「Twitpicは、Twitterの普及に大きな貢献をしてきました。Twitterのやり方は汚い」
「Twitpicって、ツイッターの初期の人気加速を支えた写真共有サービスだと思うんだけど、なんだか悲しい終わり方ですね」
「これはひどい。正に苦労を共にした古女房を切り捨てる所業」

など、ツイッター側の非情の決断をなじるコメントも寄せられるなど、突然の別れを惜しむ声があがっている。

なお、今回のサービス終了に際し、Twitpicは近日中に画像や動画をエクスポートできる機能の提供を予定。そのほか、Twitpic から画像を一括ダウンロード&アップロードできるツールも登場している。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト