ネット界の“旬”なニュースをお届け!

秋田で謎流行、あずき色の自転車

2014.09.10 WED

噂のネット事件簿


秋田のオーダー自転車専門店「アロー自転車」には、「秋田オリジナルエンジ」モデルがある ※この画像はサイトのスクリーンショットです
9月8日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)の“視聴者の個人的問題を調査した件”というコーナーで、秋田県民の24歳女性から「秋田の自転車はあずき色ばかり。なぜなのかを調べてほしい」という依頼が寄せられ、ネット上でも話題になっていた。

この女性によると、「秋田県民のママチャリはなぜかあずき色が多くて、地元の駐輪場もほとんどあずき色」とのこと。番組スタッフが秋田市に行ってみると、確かにあずき色のママチャリであふれかえっている。地元で自転車卸業を営む昭和輪業によると、10年ほど前にヤンチャな学生たちが示し合わせたようにあずき色の自転車に乗るようになり、他の学生も「ナメられないように」と同じ色の自転車に乗るようになったのではないかという。そして、現在では自転車屋も売れるあずき色に在庫を絞り込んでいるため、街中はますますあずき色のママチャリだらけになるというわけだ。

ツイッターには、この番組を見ていた秋田県民・秋田県出身者と思われるユーザーから、

「確かに秋田はあずき色の自転車多いな……」
「あー、私も小豆色(えんじ色)の自転車に乗ってた!」
「私もだわwwwwwあれが主流だと思ってたwwww」
「俺も乗ってました。笑」
「秋田以外であずき色のチャリって普通じゃなかったのか笑」
「やべーwわたしも高校の時あずき色のママチャリだったわw秋田だけなの!?!?」

など、“あるある”との声が続出。「それが普通だと思っていた」という意見も多かった。一方で、

「秋田の小豆色のチャリ、確かに10年以上前から多かったね。クソダセエ。私は黄色い自転車に乗ってた」
「確かに秋田の高校生ってあずき色の自転車好むwwwでもわたしはあえてシルバー選んだ」

と、主流を知りながらも“あえて”別の色を選んだという人も。ちなみに、

「岩手も同じ感じだよー」
「青森もあずき色のチャリ多かった」

と、東北の近隣県からも同様の報告があがっている。

他の都道府県民からすると、なんとも謎のトレンド。それにしても、「あずき色」が10年以上続いているとなれば、もはや“トレンド”というよりも“伝統”といってもいいかも…?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト