ネット界の“旬”なニュースをお届け!

反・秋元署名にAKBファン冷淡

2014.09.11 THU

噂のネット事件簿


秋元康氏の権限移譲などを求める署名活動。「AKBの更なる発展を願うからこその署名」だという
ネット上で署名を集めるサイト「change.org」で、AKB48の総合プロデューサーである秋元 康氏に対して、AKB48における権限の移譲と私的利用の禁止を求める署名活動が行われている。

秋元氏を宛先に「AKBにおける権限移譲、私的利用の禁止」とのタイトルで実施されているこの署名は、AKB48のファンらしき人物が発信者となっている。説明文では秋元氏に対して

「755という友人の作った出会い系に近いアプリを、
大した検証もせず未成年メンバーに思いつきで宣伝部隊として使用させる」

と批判。どうやら「755」というトークライブアプリにおける秋元氏の動きを問題視して署名に踏み切ったようだ。

「755」は、サイバーエージェントの子会社である「7gogo」が堀江貴文氏をファウンダーとして開発・運営するアプリ。有名人のトークを閲覧できるだけでなく、直接質問することもできる。ちなみに「755」は堀江氏の囚人番号だ。

秋元氏は「755」でトークを公開しており、AKBファンからの質問に次々と答えている。そして、秋元氏に誘われる形で指原莉乃、高橋みなみなども同アプリを開始。すると、ほかのメンバーも続々と参加し始めた。

この状況について、署名の発起人は「秋元氏が『755』を宣伝するためにメンバーを利用している」と解釈したのだろう。また、ネット上では、メンバーたちが強制的に「755」に参加させられているのではないかとの指摘もあり、それが影響した可能性も高い。しかし、実際には一部のメンバーが「755をやらない」と宣言しており、少なくともグループ全体として参加を強制されているわけではなさそうだ。

さらに署名サイトの説明には、

「大々的に発表した新公演は一年たっても作れず。
握手会殺傷事件(※原文ママ)では未だに責任者としてのコメントも出さず」

との記述もあり、本来すべきプロデュース業がおろそかになっているとの疑念を抱いているようにも見える。

様々な不満が積み重なったうえで始まった反・秋元署名ということなのだろうが、ネット上のAKBファンの反応は冷ややかだ。

署名の目標は10万人だが、署名開始から約4日間で集まったのは72人(9月11日午後1時30分現在)。また、署名サイトと同時に2ちゃんねるには「【755】秋元康をAKBから外す署名活動★1【新公演】」というスレッドが立てられているが、レスの数も約3日で250件程度と少なめ。決して盛り上がっているとはいい難い状況だ。

確かに大型掲示板やツイッターなどを見る限り、秋元氏に対して不満をぶつけているAKBファンは少なくない。とはいえ、今回の反・秋元署名の賛同者が少ないことを見ると、秋元氏を本気で憎んでいるファンはそれほど多くはないのかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト